「大会の終盤に見たかった」英紙記者が日本vsオランダをベストマッチに選出!長谷川唯の一撃は「今大会最高のゴール」【女子W杯】

「大会の終盤に見たかった」英紙記者が日本vsオランダをベストマッチに選出!長谷川唯の一撃は「今大会最高のゴール」【女子W杯】


 フランスで開催された女子ワールドカップは、7月7日の決勝でオランダを下したアメリカが連覇を果たし、4度目の栄冠に輝いて幕を閉じた。

 大きな注目を集め、成功に終わった今大会。8日の英紙『Guardian』では、6名の記者が大会ベストマッチやMVP、ベストゴールなどを選出している。

 その中で、リチャード・パーキン記者は、ベスト16で姿を消した日本代表に賛辞を寄せた。

 パーキン記者は準優勝したオランダに日本が屈したラウンド・オブ16の一戦を、大会ベストマッチに選出。「最初の30分はオランダがベストに近い形でスタートしたが、後半は日本が見事に良くなって競った」と称賛している。

「大会のもっと終盤に行なわれるべき一戦だった」
 
 さらに、この記者は、大会ベストゴールにそのオランダ戦での日本の得点を選んでいる。1点ビハインドで迎え43分に、長谷川唯が決めたゴールだ。

 日本は左サイドから杉田妃和が中央に入れると、菅澤優衣香が落とし、パスを受けた岩渕真奈が相手選手をかわしてからスルーパス。最終ラインを破った長谷川が冷静にフィニッシュした。

 個人的な感情としては、ジャマイカのW杯初得点がベストとしたうえで、記者は「チームとしてのゴール」としては、「冷静でクリエイティブ」な日本の一発が最高だったと称えている。

 ちなみに、ソフィー・ローソン記者は、日本戦でスコットランドのラナ・クレランドが決めた一発をベストゴールに選んでいる。

 日本がパスミスから喫した失点だが、「W杯デビューから12分」のクレランドが1点差に詰め寄るミドルシュートを叩き込んだことを評価した。

 一部の記者にインパクトを残したなでしこジャパンだが、3大会連続の決勝や8年ぶりの王座奪還を目指した大会でラウンド・オブ16敗退に終わった。1年後に迫った東京五輪では、好パフォーマンスと結果を残すことができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索