川崎が山村和也の加入後初ゴールなどで磐田に2発快勝!7試合ぶりの勝利で逆転優勝へ望みをつなぐ1勝

川崎が山村和也の加入後初ゴールなどで磐田に2発快勝!7試合ぶりの勝利で逆転優勝へ望みをつなぐ1勝


 Jリーグは9月14日、26節の7試合を各地で開催。等々力陸上競技場で行なわれた川崎対磐田の一戦は、川崎が2-0の快勝を収めた。

 立ち上がりの3分に磐田がさっそくチャンスを得る。左サイドでパスを受けたルキアンが力強いフィジカルでキープをすると、そのまま相手を背負いながらドリブルで持ち上がり、ペナルティエリア内右の中山仁斗へラストパス。中山がダイレクトでグラウンダーのシュートを放つと左ポストを直撃して、惜しくも外れる。
 
 序盤はシュートチャンスを得ていた磐田だったが、徐々に攻勢を強める川崎に自陣に押し込まれ、思うようにプレーができない。
 
 すると川崎は22分、守田英正のボール奪取からペナルティエリア手前中央の脇坂泰斗に縦パスを送る。すぐさま前を向いた脇坂が相手守備陣の意表を突くシュートを放つ。放たれたボールは、水がまかれたグラウンドの影響でバウンドして伸び、相手GKに触られるもゴール右に突き刺さった。
 
 幸先良く先制して勢いに乗る川崎は、35分に追加点を奪う。ペナルティエリア右の角付近から馬渡和彰がゴール前にクロスを供給。相手守備陣にはね返されるも、こぼれ球に反応した山村和也が倒れ込みながらダイレクトシュートを放つ。これがゴール右に決まり、山村が嬉しい川崎加入後初ゴールを挙げる。
 
 2点のビハインドを負った磐田は、後半からアダイウトンと荒木大吾に代えて、松本昌也と山本康裕の2枚を投入し、ゲームの流れの変化を図る。
 
 しかし、後半も主導権をにぎるのはホームチーム。中盤のセカンドボールへの反応が速く、ボール奪取から何度も決定機を得る。ただしフィニッシュの精度を欠き、決め切ることができない。
 
 終盤は、磐田にカウンターなどからゴールに迫られた川崎だったが、粘り強い守備で最後まで守り切り、2−0でタイムアップ。川崎が7試合ぶりの勝利を収めた。
 
 この結果、川崎が中断明けの初戦で勝利を挙げ4位へ浮上。逆転優勝へ望みをつないだ。磐田はフェルナンド・フベロ新監督就任後3戦3敗と、泥沼から抜け出せなかった。
 
 次節は28日に、川崎はホームで神戸と、磐田はアウェーで大分と対戦する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【川崎 2-0 磐田 PHOTO】ホームで2発!逆転優勝へ望みをつなぐ、7試合ぶりの勝利!

【川崎フロンターレ PHOTO】けんけつちゃんのカチューシャをつけ笑顔の川崎イレブン!

【脇坂泰斗 PHOTO】先制ゴールを決め勝利に貢献!試合後には笑顔も!

【ペナルティワッキー PHOTO】始球式にワッキー登場!得意の”アレ”に観客も大盛り上がり!


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索