「まるでセミプロ」「どうしてビビるんだ?」最下位にプレミア記録となる31本のシュートを浴びたアーセナル、英解説者が酷評!

「まるでセミプロ」「どうしてビビるんだ?」最下位にプレミア記録となる31本のシュートを浴びたアーセナル、英解説者が酷評!


 アーセナルは現地時間9月15日、プレミアリーグ第5節でワトフォードと敵地で対戦し、2-2と引き分けた。

 ピエール=エメリク・オーバメヤンの2ゴールで前半に2点を先行したアーセナルだが、後半序盤に1点を返されると、終盤にダビド・ルイスが献上したPKを決められて追いつかれた。

 2点ビハインドから追いついた前節のノースロンドンダービーとは反対に、2点リードから追いつかれて勝点1に終わったアーセナルは、3試合白星なしで7位に転落している。
 
 後半のアーセナルが苦しんだのは、ワトフォードが放ったシュート31本のうち、23本が後半に生まれたことからも理解できる。なお、データサイト『Opta』が統計を取り始めて以降、被シュート31本はプレミアリーグの歴代最多となる数字だ。

 さらに、アーセナルは今季すでにPKで3失点しており、昨季を含めれば10失点を記録している。Optaによれば、これはプレミアリーグ最多タイ記録とのこと。

 名門の体たらくに、プレミアリーグのレジェンドOBからは痛烈な批判も飛び出した。英スポーツチャンネル『Sky Sports』でコメンテーターとして出演したグレアム・スーネスが「アーセナルのサポーターが見たら、頭をかきむしるだろう。前後半でまるで別のチームだ。後半のアーセナルはまるでセミプロみたいだった。何度も同じミスを繰り返している」と酷評した。

 試合後、アーセナルのMFグラニト・ジャカは「(後半は)すべてがダメだった。自分たちのプレーができず、ビビってしまった。もっと恐れずに気迫を見せないと。こんなパフォーマンスをしてはいけない。分析し、次の試合ではもっとうまくやらなければいけない。後半のすべてが問題だった」と反省のコメントを発した。

 だが、ジャカの反省にも、スーネスは「どうしてアーセナルがビビるんだ?」とかみつき、怒りを露わにしたのだ。

「私はサッカー人生でビビったことなどない。理解できないね。今日のアーセナルは、ひとつのやり方でしかプレーできないと示した。彼らは”戦場”に行くことができない」

 ちなみにアーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、試合後の記者会見で「いかに改善できるか、向上できるかを考えなければならない。ミスをすることで成長し、今後の試合に向けて学ぶことができる」と発言している。

 果たして、アーセナルはこの日の試合を教訓として生かすことができるのか。次戦は19日にヨーロッパリーグ開幕戦でフランクフルトと対戦、リーグ次節は、ホームに昇格組アストン・ビラを迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索