【岩本輝雄】“3位対4位”対決はマリノスに軍配。3-0で完勝できた理由は?

【岩本輝雄】“3位対4位”対決はマリノスに軍配。3-0で完勝できた理由は?


[Jリーグ26節]横浜3-0広島/9月14日/ニッパツ
 
 Jリーグもいよいよ終盤戦に突入してきて、優勝争いも残留争いも徐々に盛り上がってきているんじゃないかな。
 
 アントラーズとFC東京の大一番も興味深かったけど、今回はマリノス対サンフレッチェの“3位対4位”対決を取材。結果は、後半に3ゴールを奪取したマリノスが完勝を収めた。
 
 それにしても、三ツ沢はやっぱり雰囲気がいいよね! ピッチとの距離が近くて、そのスピード感や迫力が感じられる。キャパはそこまで大きくないけど、“観戦”という意味では、日本でトップだと思う。高さもちょうど良くて、見やすいんだよね。
 
 僕もプロとしてはもちろん、小学生の頃からこのスタジアムでプレーしたけど、観客との距離が近いから、ファンのみんなのダイレクトな反応が伝わってくるんだ。コーナーを蹴る時なんて、特にそう。ヤジもあるけど、当然、応援の声も聞こえてくる。あれが嬉しいんだよね。これぱっかりは選手にしか分からないと思うけど、あの距離で「頼むぞ!」「ガンバレ!」なんて言われたら、やっぱりモチベーションもテンションも上がるよ。
 
 まず、サンフレッチェについてだけど、攻撃的なマリノスは基本的に後ろは2バック気味になって、さらにラインも高いから、その裏を狙って、いくつかチャンスを作れていた。39分のハイネルからのクロスを渡が合わせたシーンも惜しかったよね。
 
 この日は先発だったボランチの青山も存在感があった。ミスも少しあったとはいえ、青山に入ればボールが落ち着くし、長短織り交ぜたパスも効果的だった。マルコスとのやり合いも見応えがあった。彼の復帰はチームにとって大きいよね。
 
 サンフレッチェの調子のバロメーターは、柏がカットインから敵陣のペナルティエリアの角でどれだけ勝負できるか。その数が多ければ多いほどいいんだけど、今回はいつもより少なかった気がする。それは、同サイドのマリノスのエリキを気にしていたからかもしれない。エリキをケアしようと、“引かされる”場面が多かった。右サイドではハイネルが良い形を作れていたけど、左サイドは物足りなかったかな。そこがサンフレッチェにとって痛かった。前半は良いペースだったんだけどね。
 
 ポゼッションではやはりマリノスに分があり、サンフレッチェは守ってカウンターという策だったと思う。前半で点が取れなかったけど、ある意味、狙い通りにできた部分はあったと思う。でも、さすがにあれだけボールを回されると、走らされるし、体力も奪われてしまう。それが後半に響いた印象だね。

【PHOTO】(祝)仲川10ゴール!&3連勝で首位に迫る横浜FMの喜びギャラリー!

【横浜FM 3-0 広島 PHOTO】後半に一気に流れを手繰り寄せ上位対決を制す!

【毎節恒例】「突撃SDカメラマン」J1第26節を盛り上げたサポーター特集!
 一方のマリノスは、とにかく選手同士の距離感がいい。最終ラインからのビルドアップも、ダブルボランチと両SBがうまく絡んで、テンポ良くボールを動かしていく。
 
 サンフレッチェが高い位置からハメにきた時間帯があった。自陣で奪われそうな感じがなかったとは言わないけど、それでも上手く相手のプレスを外して、攻撃につなげることができていた。
 
 その攻撃陣では、トップ下のマルコスが効いている。今回はゴールがなかったけど、良い位置でボールを受けて、しかもそこから前を向けるから、やっかいだ。さらにCFには切れ味鋭い動きが特長の仲川、両サイドには突破力のあるエリキと遠藤がいる。攻撃的なサッカーを機能させる“役者”が揃っている。これは強いよ。
 
 遠藤に関しては、前半は抑えられていたけど、それでも果敢に仕掛ける姿勢を見せていた。それがジャブになって、後半のハイパフォーマンスにつながったと思う。均衡を破る仲川の先制点も、左サイドで抜け出した遠藤のアシストから。マリノスらしい見事な崩しだった。
 
 1点取ってからは、もう完全にマリノスのペース。2点目を決めたティーラトンも、代表帰りとはいえ、調子は良さそうだね。
 
 以前、このコラムでティーラトンについて「中に絞ってボールを受けるなど、戦術は理解できているとは思う。でも、そこからの展開でイージーなミスが散見されたし、判断も遅いように感じた」と書いたことがあった。その時からは見違えるほど、チームにフィットしているし、本人のパフォーマンスも上がってきていると思う。ゲームメイクも含めて、SBがあそこまでできると、チームは助かるよ。
 
 DF陣では、CBの畠中もチアゴもいい。特に、チアゴ! この試合に関しては、もちろん良い意味でJリーグレベルではなかった。スピードもあって、フィジカルも強い。ヨーロッパでも十分通用すると思った。昔で言えば、かつてレイソルでプレーし、セリエAのローマやブラジル代表でも活躍したアントニオ・カルロス・ザーゴみたいだね。
 
 とにかく、今回はマリノスの強さが存分に発揮された試合だった。残りのホームゲームは3試合。そのうちの2試合は三ツ沢だ。選手にパワーをくれる三ツ沢でしっかり勝って、他のゲームでも粘り強く勝点を稼ぐことができれば、優勝もあるかもしれないね。
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索