「一番シャイな少年だった」C・ロナウド、探していたマックの店員を発見? 名乗り出た女性は別人との疑惑も…

「一番シャイな少年だった」C・ロナウド、探していたマックの店員を発見? 名乗り出た女性は別人との疑惑も…


 クリスチアーノ・ロナウドの恩人探しは、簡単には終わらないようだ。

 ユベントスのエースは先日、『ITV』のピアーズ・モーガンのインタビューで、貧乏だった少年時代にリスボンのマクドナルドでハンバーガーを恵んでもらっていたと明かした。当時の店員たちとの再会を願い、ディナーに招待して恩返しをしたいと話している。

 このインタビューを受け、ひとりの女性が名乗りをあげた。英紙『Daily Mail』によると、パウラ・レカさんという女性が、ポルトガルのラジオ『Renascenca』で「ハンバーガーが残っていた時は、マネジャーがあげるのを許してくれていたのよ」と述べている。

「そのひとりが、クリスチアノーノ・ロナウドだった。たぶん、一番シャイだったわ。毎週、毎晩のことだった。息子には話していたんだけど、自分の母親がクリスチアーノにハンバーガーをあげていたなんてウソだと思っていたわ」
 
 パウラさんは、「ずっと昔のことをいま振り返るのは面白いわね。彼の謙虚さが表われているわ。少なくとも、でっちあげじゃなかったことは知ってもらえたわね」と続けた。

「彼がディナーに招待してくれたのなら、もちろん行かせていただくわ。最初にお礼を言って、あとは食事しながら当時のことを思い出すでしょうね」

 ポルトガル代表FWはインタビューで「エドナ」という名前の女性を含め、3人の女性が恩人だったと明かしている。英紙『Sun』によると、パウラさんは上司だったエドナさんの連絡先は分からないとした。

 それでも、パウラさんの登場はハッピーエンドにつながるかと思われた。ところが、C・ロナウドにインタビューしたモーガンが、ツイッターで「彼女はクリスチアーノが話していた3人の女性のひとりじゃない。捜索は続く」とツイート。パウラさんは探していた恩人では明かしたのだ。

 パウラさんが何者なのかは、分からない。確かなのは、「エドナ」たち3人との再会を望むCR7の願いは、まだ叶えられていないということだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索