今季初スタメンのSTVV鈴木優磨、初ゴール&PK獲得で2得点に絡む! 好調・森岡亮太との日本人対決を制す

今季初スタメンのSTVV鈴木優磨、初ゴール&PK獲得で2得点に絡む! 好調・森岡亮太との日本人対決を制す


 現地時間9月21日、ベルギー・リーグの第8節が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)はアウェーでシャルルロワと対戦。3-0で勝利した。

 STVVではGKシュミット・ダニエルとFW鈴木優磨が、シャルルロワではMF森岡亮太が先発し、日本人対決が実現した。ここ2試合で途中出場を果たしていた鈴木は、ベルギーに渡って初のスタメン起用となった。

 試合開始から主導権を握ったのは、シャルルロワだった。今季6試合で4ゴール・1アシストと絶好調の森岡を中心に、STVVのゴールに迫る。

 シュミットの好セーブなどで凌いだSTVVに、チャンスが訪れたのは30分。センターサークルからMFアレクサンドル・デ・ブラインの縦パスに飛び出したFWヨアン・ボリがGKをかわし、ゴールネットを揺らす。しかしこれはオフサイドで無効となった。

 そして34分、再びデ・ブラインのパスから、鈴木がベルギーでの初ゴールを決める。センターサークル付近からのロングフィードに反応して飛び出すと、この動きにつられたシャルルロワのGKとDFが交錯。その隙に足を伸ばして鈴木が合わせたボールが、ゴールに吸い込まれた。

 後半、1点を追うホームチームは、サポーターの声援を受けて攻勢を強める。60分、ゴールライン際でボールをキープしたニコルソンのシュートはシュミットの股を抜くが、ポル・ガルシアのカバーに防がれる。その直後、森岡のCKに合わせたヘディングはポストに嫌われる。

 そんな流れを再びSTVVに引き寄せたのは、鈴木だった。66分、カウンターからチャンスを作り、左サイドからのクロスに反応して鈴木がボックス内に飛び込む。

 頭で合わせた鈴木のシュートは、DFの腕に当たる。これがVAR判定によってハンドとなり、PKが与えられた。このチャンスを主将のボタカが冷静に決め、STVVが追加点を奪う。

 鈴木は87分にエルトン・アコラツェと交代してピッチを退いた。ベンチに戻ってきた殊勲者をマルク・ブライス監督は笑顔で迎え入れ、健闘を称えた。

 91分にも、ボリの今シーズン3点目でダメを押したSTVVが3‐0で勝利。今シーズン3勝目を挙げた。

 STVVは次節、9月28日にホームで伊東純也を擁するヘンクと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索