「3人を手玉にとった」「”神の子”の成長に期待」久保建英が魅せたコロンビア戦のテクニックを海外メディア称賛! チームの出来には不満の声も

「3人を手玉にとった」「”神の子”の成長に期待」久保建英が魅せたコロンビア戦のテクニックを海外メディア称賛! チームの出来には不満の声も


 11月17日、U-22日本代表対U-22コロンビア代表の親善試合が行なわれ、日本は0-2で敗れた。

 A代表も兼任する久保建英、堂安律の同時起用が注目されたが不発に終わり、指揮官が「来年の東京五輪で金メダルを目指す」と公言されたチームとしては、物足りなさが残る結果に終わっている。

 そんななか、スペイン紙『AS』は久保が見せたあるテクニックに着目。25分、自陣の左サイドでボールを受けた久保は、敵3人に囲まれながらもボールをキープ。フォローに回った中山雄太とワンツーで突破を図るが、やや息が合わずに失敗に終わった。だが巧みなテクニックでコロンビアの選手たちを翻弄し、「3人を手玉にとった素晴らしいスキル」と称賛している。

 また、英メディア『CAUGHTOFFSIDE』は、「レアル・マドリーに所属し、現在はマジョルカにレンタルされているタケフサ・クボは22歳以下のコロンビア代表との試合で、センセーショナルなドリブルスキルを披露した。クボは巧みなテクニックでひとりをかわし、ふたりのプレッシャーから逃れて突破しようと試みた。コンビネーションがうまくいかずに失望したが、光るものを見せた」と評している。

 そして、スペインのサポーターたちはこの久保のテクニックを称えた。その一方で、チームとしての連携面についてはやや心配な声も上がっている。

「クボは間違いなく素晴らしい。なぜなら“日本のメッシ”だから」
「彼が素敵なプレーヤーであることは間違いないので、次はチームとして彼が結果を残せるように祈るよ」
「せっかくの“真珠”も結果が0-2の敗戦なら意味がない。彼はチームで自分の価値を証明しなければ」
「彼はまだ18歳! チームも若い。この年齢で完璧などあり得ないのだから、“神の子”の成長に期待しよう」

 U-22日本代表は12月28日にはU-22ジャマイカ代表と対戦する。久保はマジョルカに戻り、早ければ現地時間22日に行なわれるレバンテ戦に参加することになる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る