レノファ山口は1月19日、クラブの公式ホームページで暴行容疑で逮捕されていたスタッフの契約解除を発表した。

 同5日にクラブのホームぺージで逮捕の事実を明かしていた山口はこの度、所属チームスタッフの福田智志フィジオセラピスト(31)の暴行容疑について、略式命令による罰金刑が確定したことを報告。それに伴い事件の経緯を公表した。

 クラブによると、当該スタッフは山口市湯田温泉で前日夜からの友人との飲食後に1人での飲酒を続けていた。その後、5日午前2時過ぎに路上を歩いていた際、2人に暴行を加え、うち1人に傷害を負わせたという。

「弊クラブとして、今回の事態を厳粛に受け止め、クラブ全体として法令順守に関する意識・指導を徹底いたします」として、山口の河村孝代表取締役社長の以下のようなコメントも掲載している。

「まず、今回、被害にあわれた方に対して深くお詫び申し上げます。また、レノファ山口FCを応援していただいているファン・サポーターの皆様、パートナー・クラブサポーターの皆様、その他クラブを支えていただいている多くの皆様、そしてJリーグやJクラブの皆様に大変ご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。

 今回の事件をクラブとして厳粛に受け止め、クラブ全体として再発防止、および法令順守に関する意識・指導に向けた取組みを実施し、信頼回復に努めて参ります」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部