“日本の宝石”が、今年最初の試合で特大の輝きを放った。レアル・マドリーの下部組織に所属する“ピピ”こと中井卓大だ。

 フベニールB(U-18相当)に所属する中井は、現地時間1月23日に行なわれたフベニールA(U-19相当)のロス・ジェベネス・サン・ブルーノとの試合に“飛び級”で先発出場。2−0とリードして迎えた85分だった。左サイドに流れながらボールを受けると、ペナルティエリア内に持ち込み、DF1枚をかわして右足一閃。鮮やかな一劇をネットに突き刺してみせた。

 3−0の勝利に貢献した17歳は、試合後に自身のインスタグラムを更新。「2021年初試合・初ゴール。今年も頑張ります」と日本語で、「今年最初の3ポイント奪取で満足しています」とスペイン語で綴り、この“ゴラッソ”の動画を投稿した。

【動画】「エグい!」中井卓大が決めた鮮やかゴラッソはこちら!
 これにファンも早速反応。「格好いいね〜」「すげー」「エグい!」「ナイスゴール!」「ゴラッソ」「うまっ」といった称賛や驚きのコメントが続々と寄せられている。

 最近では本職の中盤ではなく、セカンドトップで起用されることもある中井。そのゴールセンスを遺憾なく発揮してみせた。

【写真】「美男美女」と話題!中井卓大が投稿した姉・ほのかさんとの2ショット

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】マルセロが驚愕の表情!11歳の中井卓大が披露した超絶テクニックはこちら