[J1リーグ開幕節]湘南−鳥栖/2月27日(土)/15:00/レモンガススタジアム平塚

 最下位に終わった昨季の結果を受け、今季はとりわけリーグワーストだった得点力の向上に力を注いでいる。その点、ゴールが期待される今季加入のウェリントンとウェリントン・ジュニオールの両ブラジル人FWが新型コロナウイルスの感染拡大の影響でチームに合流できていないことは、懸念材料と言えるだろう。開幕戦のみならず、タフなシーズンを見据えたうえでも早期の合流が望まれる。

 ただ、負傷離脱が少ないこともあり、フルメンバーが揃っていないなかでも競争自体は活性化している。とりわけ、山田直輝や茨田陽生、三幸秀稔などの既存メンバーに、中村駿や名古新太郎ら新戦力が加わった3ボランチは最激戦区だ。

 さらに昨季に特別指定選手としてJ1デビューを果たした平松昇をはじめ、ユースから昇格し、最終ラインからボランチ、ウイングバックとポリバレントにプレーできる田中聡や高卒ルーキーの平岡大陽などフレッシュな若手もチャンスを窺う。
 
 松田天馬や齊藤未月、金子大毅ら昨季まで主軸を担っていたメンバーが移籍したなかで、伸びしろも含めて、新戦力にかかる期待は小さくない。加えて、昨季CBで存在感を放った田中のように、複数のポジションをこなせる選手が多いこともまた、さまざまな可能性をチームにもたらすだろう。

 課題とする得点力不足の克服とともに、今季は各ポジションにリーダーを置き、守備の強度をはじめ、チームとしての基準をいち早く共有するよう努めている。果たして「One Bellmare」をスローガンに掲げる通り、活発なコミュニケーションも相まって、一体感は着実に育まれているようだ。昨季の反省を踏まえた取り組みをピッチで表現し、初陣を勝利で飾りたい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【画像】J1全20チームの2021年シーズン予想フォーメーション