[J1リーグ第1節]川崎2−0横浜/2月26日(金)/18:00/等々力陸上競技場

 まさに王者らしい圧巻の試合運びを見せた川崎フロンターレが、2021年シーズンのオープニングマッチを制した。

 立ち上がりから激しいハイプレスでボールを奪って主導権を握ると、21分にペナルティエリア右に抜け出した山根視来のヒールの折り返しを、ゴール前にいた家長昭博がボレーで豪快に決めて先制。さらに43分にも、右サイドから田中碧のクロスに飛び込んだ家長のヘッドで追加点を挙げ、前半に2点をリードする。

 後半はカウンターから相手に危険なシーンを作られたものの、チーム全体でハードワークして無失点に抑え、見事にシーズン初戦を白星スタートで飾った。

【動画】家長がダイビングヘッドで追加点! 2ゴールで川崎の開幕スタートダッシュに大きく貢献

 試合後のフラッシュインタビューで2ゴールを挙げた家長は、「本当に大事なゲームで勝てて嬉しい」と喜びを露わにし、得点を振り返った。
 
「練習でやっている形が試合で1点目に出て、非常に良かった。本当にミキのボールが素晴らしかったですし、あと僕は集中してシュートを打つだけでした。(2点目は)アオが抜け出した瞬間に良いクロスが上がってくると思った。良いポジションを取っていたら非常に良いボールがきて、決められて良かったです」

 また、試合を通してゲームの主導権を握り、無失点で勝ち切ったチームの出来についても、「前半からみんなで集中して声を掛け合いながらできたと思いますし、後半に押し込まれたときも、みんなで助け合いながら勝てたので、非常に良かった」と満足気な表情を浮かべた家長。「(ファンの)期待に応えられるように優勝を目指して頑張りたい」と意気込みを語り、締めくくった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】J1全20チームの2021年シーズン予想フォーメーション

【J1第1節PHOTO】川崎2−0横浜|家長が圧巻2ゴール!横浜の強力攻撃陣を無失点に抑え、神奈川ダービーを制する!

【PHOTO】得意の左足を振り抜いて強烈先制弾!追加点も決めて、川崎を勝利へ導いた家長昭博を特集!