現地時間2月27日、ブンデスリーガの第23節が行なわれ、シュツットガルトはホームにシャルケを迎えた一戦に、5-1と大勝を収めた。

 このうちの4ゴールに直接関与する活躍を見せたのが、日本代表MF遠藤航だ。前半だけでCKから今季初得点を含む2ゴールをあげると、試合終盤には味方の2得点をアシスト。文字通り、勝利の立役者となった。

 フットボールに関する様々なスタッツを集計している『SofaScore』によれば、「ブンデスで個人の2ゴール・2アシストは今季初」。欧州5大リーグにおいては「ロメル・ルカク(インテル)、ジャック・グリーリッシュ(アストン・ビラ)に続く3人目」だという。

 ドイツのメディアも大騒ぎだ。ブンデスリーガ公式はこの試合の様子を「ワタル・エンドウがシャルケを撃破」と伝え、現地誌『kicker』は「傑出した遠藤がシャルケの必死の守備をやり込めた」と報じた。
 
 また、現地紙『Stuttgarter Nachrichten』は採点で、後半でPKストップの活躍を見せたGKグレゴル・コーベルともに遠藤に「1.5点」のチーム最高評価を与えた。ドイツ紙『BILD』も遠藤とコーベルに「1点」をつけ、「ブンデス初ゴールのエンドウは、2点目も自身のゴールを完全にコピーしたように奪って見せた。ラッキーな部分もあったが背番号3が凄まじいインパクトをもたらし、間違えようもなくシャルケを撃沈させた」と寸評を添えている(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)。

 そして、この活躍ぶりに現地サポーターも感嘆の声を続々と上げている。クラブの公式SNSが「今日のワタルからひとこと!」と、遠藤が英語でファンへのメッセージを語る動画をアップすると、「神だ」、「僕らのレジェンド」、「間違いなく今日はこの男の日だった」、「とにかくありがとう。愛してる」といった声が寄せられた。

 シュツットガルトはこの勝利で暫定9位に浮上し、昇格組ながら降格争いからは抜け出した格好だ。次節は、アウェーで長谷部誠、鎌田大地を擁するフランクフルトと対戦が控える。お互いにチームの要となっている新旧日本代表の“ボランチ対決”にも注目が集まりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】遠藤航が大暴れ! CKから決めた巧みな2ゴールはこちら

【動画】絶妙な縦パスが光る!遠藤航マークした2アシスト!