英メディア『90min』が3月3日、「史上最高のアジアのサッカー選手をランク付け」と題し、歴代のアジア人選手の「トップ20」を発表した。

 日本からは最多の7人が選出。5位の本田圭佑(無所属)が最上位で、6位・中田英寿、9位・中村俊輔(横浜FC)、10位・香川真司(PAOK)、16位・釜本邦茂、18位・三浦知良(横浜FC)、20位・岡崎慎司(ウエスカ)と続いている。

 トップに輝いたのは、ブンデスリーガで通算98ゴールを挙げた“韓国の英雄”チャ・ボムグンだ。2位は1910年代から20年代後半にかけてバルセロナなどで活躍した元フィリピン代表FWのパウリーニョ・アルカンタラで、3位がトッテナムで躍動する韓国代表FWソン・フンミンとなった。

【画像】衝撃は選考結果に匹敵? 突然現役引退を発表した中国の「最も美しい少女」シャン・シーのユニホーム姿&貴重な私服ショット
 
 この選考結果にショックを隠しきれなかったのが、中国のスポーツメディア『新浪体育』だ。日本から7人、韓国から5人が選ばれたにもかかわらず、自国の選手が一人も入らなかったことを、次のように嘆いている。

「韓国のスターのチャ・ボムグンがトップで、ソン・フンミンとキム・ジュソンも入った。ホンダ・ケイスケは大勢の日本のスターをリードしている。残念ながら、中国の選手はいない。リストには載っていない」

 意見は様々あるだろうが、“日本のキング”カズでも18位というハイレベルなランキングであれば、中国の選手が漏れたのも仕方なしと言ったところか。

 英メディア『90min』が選んだトップ20は以下の通りだ。

1位:チャ・ボムグン(韓国)
2位:パウリーニョ・アルカンタラ(フィリピン)
3位:ソン・フンミン(韓国)
4位:パク・チソン(韓国)
5位:本田圭佑(日本)
6位:中田英寿(日本)
7位:キム・ジュソン(韓国)
8位:ホン・ミョンボ(韓国)
9位:中村俊輔(日本)
10位:香川真司(日本)
11位:アリ・ダエイ(イラン)
12位:メフディ・マハダビキア(イラン)
13位:サービー・アル=ジャービル(サウジアラビア)
14位:ジャバド・ネクナム(イラン)
15位:ユニス・マフムード(イラク)
16位:釜本邦茂(日本)
17位:マジェド・アブドゥラー(サウジアラビア)
18位:三浦知良(日本)
19位:サイード・オワイラン(サウジアラビア)
20位:岡崎慎司(日本)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部