現地時間4月17日、本田圭佑が所属する2位のネフチ・バクーは、アゼルバイジャン・リーグ第23節で3位のジラとホームで対戦。4−0の快勝を飾った。

【動画】導入してないのに…現地騒然!主審にVARチェックを要求する本田圭佑

 2戦連続スタメンで、加入後3試合目の出場となった本田は、4−4−2の右サイドに入り、36分にFKのチャンスを得るも、枠を捉えられず。44分には、左サイドからのクロスに合わせて至近距離からヘディングシュートを放つが、これはGKの好セーブに防がれた。

 本田が加入後、1分け1敗と勝利がなかったチームは、47分に先制ゴールを奪うと、74分、76分、92分と加点。上位対決を制して、首位カラバフに1ポイント差に迫った。

 イエローカードを受けていたこともあってか82分にベンチに下がった4番は、決定的な仕事はできず。東京五輪出場へ向けアピールするため、入団会見で「1試合・1ゴールが目標」と語っていたが、3戦連続の不発に終わっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部