4月21日、東京五輪の男子サッカーの組み合わせ抽選会が行なわれ、グループ分けが決定した。

 グループAに入ることがすでに決定していた開催国の日本は、南アフリカ、メキシコ、フランスの順に対戦することになった。各組の上位2チームが決勝トーナメント(ベスト8)に進出する。

 この組み合わせ結果を受け、日本サッカー協会の公式ツイッターには多くのコメントが寄せられた。

「厳しくない?」
「フランスきたあああああ」
「厳しいグループだけど応援します」
「激アツやけど相手強すぎだろ」
「優勝が目標ならいずれは当たる相手」
「なかなか死の組」
「う〜ん、メキシコと同組かぁ」
「楽しみが増えた」
「めちゃ強いところばかりですな」
「すごい組みになった」
「ロンドンの時のような快進撃を!」
「え、開催国やのに厳しくない???」

 世界の実力国と同居することになった日本はグループを突破し、目標の金メダルを手にすることはできるか。

【PHOTO】U-24日本3−0U-24アルゼンチン|林と板倉のゴールで見事にリベンジ!今後の自信へと繋がる勝利に!
 
男子の組分けは以下の通りだ。

▼グループA
日本
南アフリカ
メキシコ
フランス

▼グループB
ニュージーランド
韓国
ホンジュラス
ルーマニア

▼グループC
エジプト
スペイン
アルゼンチン
オーストラリア

▼グループD
ブラジル
ドイツ
コートジボワール
サウジアラビア

構成●サッカーダイジェストWeb編集部