期待したいのは、やはりゴールだ。

 5月1日に行なわれた前節の横浜FC戦、鹿島アントラーズは3-0の完勝を収める。3つの得点すべてに絡んだのは、相馬新体制となってからはトップ下に定着している荒木遼太郎だ。

 12分、自ら放ったシュートはDFにブロックされるが、そのこぼれ球を白崎凌兵がヘッドで押し込んだ。45分、ドリブルで仕掛けたところを敵陣エリア内で相手DFに倒されてPKを獲得。この絶好機を土居聖真が決めてみせた。80分、CKで鋭いボールを供給し、町田浩樹のヘディング弾をお膳立てした。

 出色のパフォーマンスだったのは間違いない。それでも、自身はゴールを奪えなかった。リーグ戦では現在チームトップの4得点をマーク。清水との開幕戦で1得点、3節・湘南戦で2得点、4節・広島戦で1得点。上々の滑り出しだったが、その広島戦以降、ゴールから遠ざかっている。

 フィニッシュやチャンスメークで随所に際立つプレーを見せている。バイタルエリア付近で前を向いてボールを持った時に醸し出す期待感は、ますます大きくなっている。“上手さ”より“怖さ”が色濃くなってきた印象だ。それを絶対的なものにするには、ゴールという目に見える成果が最良の素材になるはずだ。

 荒木本人は「自分がゴールを目指す気持ちは最初から変わっていない」し、「得点はやっぱり決めたい」と意欲的だ。「自分が決めていれば、勝てた試合とかもけっこうあった」という想いもある。

「そういった部分では、1本1本のシュートに、これまで以上にもっとこだわっていかないといけない」
 
 もっとも、まったくゴールを奪えていないわけではない。ルヴァンカップではグループステージ2節の福岡戦、3節の札幌戦でそれぞれ1ゴールを挙げ、プレーオフ進出に貢献。感触はそれほど悪くないはず。9日にホームで迎えるFC東京戦では、リーグでは久々となるゴールでチームを勝利に導けるか。

「(FC東京とは)順位も近いですし、ここで勝つか負けるかで、上に上がれるか、突き放せるかも大事な試合になってくる。必ず勝ちたい」

 成長著しい19歳のアタッカーにかかる期待は大きい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストweb編集部)

【PHOTO】ついに初先発!攻守で躍動した鹿島のディエゴ・ピトゥカをピックアップ!