元韓国代表の“英雄”アン・ジョンファンが、「伝説の一戦」で受けた不快な行為について言及した。

 韓国のスポーツメディア『Sportal Korea』が5月7日に報じたところによれば、現在は解説者として活躍しているアン・ジョンファンは6日、自身のYouTubeチャンネルを更新。ペルージャでプレーしていたイタリア時代などを振り返った。

 その中で、チームメイトだった元イタリア代表DFマルコ・マテラッツィから受けた仕打ちについて、次のように振り返った。

【動画】ペルージャ退団のきっかけに!アン・ジョンファンが日韓W杯のイタリア戦で決めたゴール


「2002年ワールドカップの時、マテラッツィは(決勝トーナメント1回戦の)韓国戦に出場できなかった。ベンチから私を罵倒していたのを思い出す」

 この韓国サッカー史に残る一戦でイタリアを敗退に追い込む千金弾を決めたアン・ジョンファンは、それが原因でペルージャのルチアーノ・ガウチ会長の怒りを買い、退団に追い込まれたと言われている。

 以前には、ペルージャの主将だったマテラッツィから、「お前はニンニク臭い」という差別的な言葉を浴びせられたことを告白していたアン・ジョンファン。よほど目の敵にされていたのだろうか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部