目下3連勝中のサガン鳥栖。13試合を消化し、8勝2分3敗の勝点26で3位と好調をキープしている。

 際立つのは堅牢な守備で、現時点での総失点5はリーグ最少タイの数字。同じ失点数のガンバ大阪はまだ8試合しか消化していないことを考えれば、1試合平均の失点数でも鳥栖の優位性は明らかだ。

 そんな鳥栖の堅守の軸となっているのが、キャプテンを務める在籍2年目のエドゥアルドだろう。守護神の朴一圭とともに、ここまで全試合にフル出場中のブラジリアンは、気合十分のプレーで前節の徳島ヴォルティス戦でも2-0の完封勝利に貢献した。

 Jリーグの公式ツイッターは、「サガン鳥栖の守備の要。エドゥアルド選手がスライディング!! マイボールにしてガッツポーズ」と題して、徳島戦の50分のディフェンスをピックアップ。左サイドにスピードを持って侵入してきた徳島の岸本武流に対し、並走しながら最後は身を挺したスライディングタックルを成功させた。
 
 この投稿にフォロワーも「バカかっこよかったな〜」「1個前の駆け引きのとこからうまかった」「ガッツポーズかっけー」「これは、惚れた」「ガチで上手い」「速度維持、加速、タイミング、場所、完璧じゃないか」と賛辞を送った。

 鳥栖は8日、ホームでサンフレッチェ広島と対戦。今季初の4連勝がかかった一戦で白星を挙げられるか注目だ。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【動画】鳥栖エドゥアルドの圧巻タックル! その後のガッツポーズもかっこいい!

【PHOTO】試合を彩るサガン鳥栖のガールズユニット「サガンティーナ」を特集!