[J1リーグ13節]徳島1-2札幌/5月9日(日)/鳴門大塚

【チーム採点・⼨評】
徳島 5.5
前半から後半に逆転を許すまでは、ゲームを支配し続けた徳島だったが、今回もカウンター一発に泣いた。課題であるセットプレーからの失点こそ防いだが、新加入選手とのコミュニケーション不足が浮き彫りになり、4連敗となった。

【徳島|採点・⼨評】
GK
21 上福元直人 5
スペースを狙った⻑いパントキックは、⾵の影響で精度を⽋いた。最終ラインとの連係不⾜をA・ロペスに突かれ、逆転ゴールを許してしまった。

DF
3 ドゥシャン 5
守備は無難にこなしていたが、存在感があまりなかった。彼の⾼さを⽣かしたプレーが見てみたいものだ。

14 カカ 6
来⽇初スタメンながら、⼗分にアピールできた内容。1対1の強さやスピードは、やはり前評判通り。CBでのスタメンだったが、課題は周囲との連係だろう。78分には、自らのクリアミスから、敗戦を決定づけるゴールを許した。

4 ジエゴ 6
攻撃、守備ともに⼤⾞輪の働きを⾒せたが、徳島FW陣は決定⼒を⽋いた。カカ、ドゥシャンとともに、もっと攻撃参加して⾼さを⽣かしてほしい。
 


MF
15 岸本武流 5(90+1分OUT)
右サイドでボールを奪い、好機を多数演出したが、同時に多くの突破も許してしまった。

8 岩尾 憲 6
46 分、バトッキオとのテンポのいいパス回しから強烈なミドルシュートを放つも、DF に阻まれ得点ならず。後半は、ゲームを⽀配し始めた札幌の攻撃に、守備的位置でのプレーを余儀なくされる。バトッキオとの連係でゴールが⽣まれる⽇もそう遠くはないはずだ。

23 鈴⽊徳真 6(74分OUT)
こぼれ球に反応し、ミドルシュートを放つなど積極的に攻め上がる場⾯が⽬⽴ったが、札幌にボールを奪われる場⾯も多く、後半途中交代となった。

38 クリスティアン・バトッキオ 6
視野の広さ、リズム・テンポの良さ、キックの精度は流⽯。課題は彼のインスピレーションに周囲の選⼿がどれだけついて来れるかが鍵となるだろう。

【動画】A・ロペスが得点ランク単独首位に躍り出る2発! 徳島vs札幌戦ハイライト


FW
24 ⻄⾕和希 6(74分OUT)
今シーズン初スタメン。左サイドの空いたスペースへ⾶び込んで、決定的なチャンスメイクを演出したが、得点には⾄らなかった。

11 宮代⼤聖 6.5(86分OUT)
今シーズンの失点の多くをセットプレーから奪われているチームにあって、CKからの得点は流れを⼀気に引き寄せた。宮代⾃⾝、チームトップの5得点をマークするも、やはり勝たなくては意味がない。

19 垣⽥裕暉 5
敵陣深くで倒される場⾯が多かった。ゲームを⽀配し続けた徳島だったが、彼からはゴールの匂いはあまり感じられなかった。
 


交代出場
MF
10 渡井理⼰ 5(74分IN)
後半トップ下での途中出場となったが、持ち味を発揮できずに終わった。

MF
45 杉森考起 5.5(74分IN)
左サイドを抉るドリブルは⾒事だったが、ラストパスの精度を⽋いた。

FW
18 佐藤晃⼤ −(86分IN)
中央付近での突破を期待されたが、札幌守備陣に⽳を開けられなかった。

DF
2 ⽥向泰輝 ―(90+1分IN)
⾜をつった岸本に代わり途中出場。ロングボールを前線に送るなどの変化を加えた攻撃を
⾒せるが、守備を固めて退いた札幌守備陣を崩せなかった。

監督
ダニエル・ポヤトス 5
外国⼈3選⼿を最終ラインに揃えるなど、思い切った布陣をひいたが、やはり連係不⾜が否めない。就任後リーグ初白星を願ったが、今節も勝利を飾れず。審判のミスジャッジを唱えていたが、敗因はそこではない。
 


【チーム採点・⼨評】
札幌 6.5
エースのA.ロペスの個⼈技に助けられた部分もあるが、後半からのシェイの投⼊や、逆転した後の守備固めの采配が功を奏した。怪我⼈が多い中での逆転勝利は、次節に繋がる⼤きな勝利となっただろう。

【札幌|採点・⼨評】
GK
1 菅野孝憲 5.5
セットプレーからの失点を喫したが、7本の枠内シュートを1点で凌いだ。最終ラインとの連係にも⼤きなミスはなかった。

DF
10 宮澤裕樹 6.5
多くの時間帯において徳島にボールを⽀配され続けたが、決定機を作らせなかった守備は⾼く評価したい。また、中央の⾼い位置での守備が⽬⽴っていた。

2 ⽥中駿汰 6.5
徳島に終始ボールを⽀配されていたが、ペナルティエリア付近での守備、特にシュートコースを塞ぐ守りは、幾度もチームを救った。

5 福森晃⽃ 6.5
左⾜から繰り出される多彩なキックで徳島を揺さぶり続け、後半ジェイが⼊って⼀気に⽛を剥いた。守備と攻撃において、彼の多彩なポジショニングが札幌の強みと⾔ってもいいだろう。
 


MF
8 深井⼀希 6
4試合ぶりのスタメンでの起⽤。守備的中盤で終始ディフェンスに追われていたが、ボールを奪った後の前への推進⼒は素晴らしかった。

6 ⾼嶺朋樹 6(HT OUT)
中盤左サイドでの徳島の勢いを⽌める守備が光った。⽬⽴ったシーンこそ少なかったが、存在感は⼤きかった。

9 ⾦⼦拓郎 6(83分OUT)
右サイドを果敢にアタックし、カカのファウルを何度も誘発した。また、⼩柏とのコンビでサイドを抉り、再三CKに繋げた。

4 菅 ⼤輝 6(80分OUT)
前半から守備に追われる時間帯が続いたが、中盤で随所にボールを奪い、反撃のチャンスを窺っていた。
 


MF
35 ⼩柏 剛 5.5(68分OUT)
本来、スピードを⽣かした右サイド突破が持ち味だが、ジエゴとカカにことごとく阻まれ、らしさを発揮できず、守備に追われていた。

14 駒井善成 6(80分OUT)
敵陣ペナルティエリア内でのドリブル突破など、徳島の⾼い最終ラインの隙をつくプレーが、少ないチャンスながらも得点を予感させた。

FW
11 アンデルソン・ロペス 7
得点ランキング1位に躍り出る2ゴールを決めた。前半は好機を作るも決定打には⾄らなかったが、後半、ジェイが⼊ることでスペースが⽣まれ、徳島のミスにも冷静に対応。相手のゴールネットを二度揺らした。
 


交代出場
FW
48 ジェイ 6.5(HT IN)
彼の出場で徐々に流れを引き寄せ、55 分にはカウンターから福森のクロスを頭で折り返し、ロペスの技ありシュートを演出した。

MF
27 荒野拓⾺ 6(68分IN)
⼤怪我からの復帰後、4試合連続の途中出場。完全にゲームを⽀配し始めた後半、札幌の中盤を安定させた。

DF
3 柳 貴博 ―(80分IN)
84分、徳島・杉森のドリブル突破に、身体を張ったディフェンスで防ぎ切った。

MF
28 ⻘⽊亮太 ―(80分IN)
左サイドでの途中出場。⽬⽴った動きはしていないが、引き寄せた流れを徳島に渡さなかった。

DF
50 岡村⼤⼋ ―(83分IN)
最終ラインに守備固めとして出場し、徳島攻撃陣の怒涛の攻撃を凌ぎ切った。

監督
ペトロヴィッチ 6.5
途中交代選⼿の起⽤が⾒事に的中。特に、ジェイの投⼊が勝敗を分けた。逆転後の守備固めも決まり、暑いアウェーでの勝利を掴んだ。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●岡本浩行