J1リーグは5月12日、ACLの日程変更に伴い20節と21節の3試合を前倒しで開催。首位川崎フロンターレは、ベガルタ仙台に土壇場で追いつかれ、痛恨のドロー決着となった。

 ホームに19位の仙台を迎えた川崎は、いつものように立ち上がりから攻勢を強めると、開始3分に怪我からの復帰戦となった小林悠が先制点を挙げる。それからもボールを握り続けたものの、74分に同点ゴールを献上。83分に三笘薫が2試合連続弾となる追加点でふたたびリードしたが、終了間際の90+5分にマルティノスに決められ、2-2のドローで終了した。

 首位と勝点9差の2位につける名古屋グランパスは、9位の鹿島アントラーズと対戦。立ち上がりから素早い攻守の切り替えと激しいプレスで、相手に最終局面で自由を与えていなかった名古屋だったが、32分にCKの処理でミスがあり、そこを犬飼に押し込まれ、先制点を奪われる。さらに86分にも杉岡大暉に決められ0-2の敗戦。鹿島が3連勝と好調を維持している。

 また、18位・ガンバ大阪と10位・サンフレッチェ広島の一戦は、広島が2-1で7試合ぶりの白星を手にした。中盤での攻防が続いたが、36分にセットプレーから佐々木がネットを揺らし広島が先制。44分に一美和成に決められ同点に追いつかれたものの、65分にカウンターから川辺駿が勝ち越しゴールを奪う。広島は、終盤に相手の猛攻を受けるも、最後まで粘り強く守り抜き、最少失点に抑えた。
 
 5月12日開催、J1・3試合の試合結果は以下の通り。

・20節
G大阪 1-2 広島
川崎 2-2 仙台

・21節
名古屋 0-2 鹿島

構成●サッカーダイジェストWeb編集部