5月29日・30日、WEリーグのプレシーズンマッチが4試合開催された。

 29日には昨季なでしこリーグ1部8位のノジマステラ神奈川相模原が、今季からスタートした大宮アルディージャVENTUSを、相模原ギオンスタジアムに迎えた。

 N相模原は、ここまでプレシーズンマッチで3連敗。この最終戦は、「結果にこだわって試合をしよう」と、試合前のミーティングでも話し合われていたという。北野誠監督は1,2戦目で大量失点した守備にテコ入れを行ない、局面ごとにフォーメーションを使い分ける対応を指示。その甲斐あって、なでしこジャパンの脇阪麗奈と、石田千尋を中心にした守備ブロックそのものは、一定以上に機能していた。

 しかし、大宮Vは手ごわいN相模原の中央を避けて、中央の構成力で戦うのではなく、その網の外から攻撃の起点を見出した。とりわけ動きが目立ったのは、今季から大宮へ活躍の場を求めた坂井優紀と井上綾香の2トップが、最終ラインの裏を脅かす。坂井がターゲット役になり、その裏への走り抜けを井上が狙う。このコンビネーションが、N相模原の最終ラインへ圧力をかける。

 また、前節から復帰した仲田歩夢と鮫島彩の左サイドだ。うまくスペースを突きながら、ボールを前へ運んで、そこから効果的なボールを送り込む。坂井優紀と井上綾香のふたりも汗を惜しまぬ動きでボールを引き出す。そして、32分、外とラインの裏を意識させて生まれた間隙を突き、タテに入ったクサビのボールを受けた井上が、移籍後初ゴール。主導権を確たるものにした。

 N相模原は23分、先発したGK・池尻凪沙が、相手選手との接触プレーで負傷退場(久野吹雪と交代)。失点シーンで接触プレーのあった脇阪も、そのまま西郡茉優と交代を余儀なくされるなど、ツキにも見放された。強い風が吹く気象条件もあってビルドアップがうまくいかず、奪ったボールを攻撃に結びつけられず、防戦一方の展開になってしまう。

 北野監督によれば、大宮の攻撃力ある左サイドを逆に突くことで、全体を受け身に回す狙いもあったというが、その片鱗を感じたのは、後半なかばから。62分の4枚同時交代をきっかけに、疲労の色が出始めた大宮Vに、これまでやられていたサイドから反撃を試みたが、ゴールにはつながらなかった。
 
 結局、アウェーの大宮Vが虎の子の1点を守り切り、プレシーズンマッチ2勝目を収めた。

 29日は、フクダ電子アリーナでジェフユナイテッド市原・千葉レディースとマイナビ仙台レディース、浦和駒場スタジアムで三菱重工浦和レッズレディースとサンフレッチェ広島レジーナが対戦。

 ジェフLとマイ仙台のゲームは、白木星、矢形海優のゴールでリードを奪ったマイ仙台が、ジェフLを南野亜里沙の1点に抑えて勝利。浦和Lと広島Rのゲームは、今季デビューの広島Rが、昨季の女王に一度は逆転を許しながら、立花葉のゴールで2対2のドローに持ち込み、勢いを感じさせている。
 
 また30日には、WEリーグのプレシーズンマッチ、日テレ・東京ヴェルディベレーザ(東京NB)とアルビレックス新潟レディースが行なわれた。

 この日は東京NBにとって、今季初めての有観客ホームゲーム。ホームスタジアムとなる味の素フィールド西が丘周辺区域の板橋区、北区に在住・在勤・在学の方を対象に、特別招待&優待企画を実施。スタンドには家族連れの姿も目立っていた。そうした1880人の観客の前で、東京NBは華麗なサッカーを見せる。

 東京NBはポジションにこだわることなく、状況に応じてボールに絡み、踏み込んでいく。そして37分、今季、セレッソ大阪堺レディースから移籍してきた北村菜々美が先制すると、勢いは一気に東京NBへ。その後は、途中出場の岩清水梓がボランチでもプレーするなど、新しい試みをしても質の落ちないパスワークで、新潟Lのディフェンス陣を振り回す。サイドバックの清水梨紗も深い位置で攻撃に加わり、自らも得点を奪った。
 
 新潟Lもボールを奪ったあとに、サイドからのクロスを道上彩花に合わせるなど、攻撃の形は作っていたが、ゴールを奪うことはできず。時間とともに、東京NBの攻勢を受けるのに手いっぱいとなってしまった。結局、最終スコア4対0で東京NBが、新潟Lの連勝をストップした。

 連勝の止まった新潟Lは、3勝1敗でプレシーズンマッチの日程を終了。一方、東京NBは、2勝1敗として、来週土曜日にアウェーで、マイナビ仙台レディース戦を迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部