[国際親善試合]U-24日本4-0ジャマイカ/6月12日/豊田スタジアム

【日本代表・総評】
6.5
A代表のジャマイカを相手に4ゴールで完勝。シュート1本に抑え込み、U-24ガーナ戦に続いて、ほとんどチャンスを作らせなかった。60分からは3-4-2-1を試したが、最後まで綻びは見せず、6月シリーズを締めた。

【個人採点・寸評】
GK
23 谷 晃生 5.5(HT OUT)
ガーナのシュートがなく、ほとんど見せ場がなかった。前半アディショナルタイムにセットプレー対応で飛び出してやや危ない場面があったが、何とか凌いだ。

DF
19 酒井宏樹 7
鋭い読みを利したインターセプト、1対1の対応と鉄壁の守備を披露。攻撃参加は多くなかったが、その存在は際立っていた。

22 吉田麻也 6.5
愛知県での凱旋試合で安定したプレーを披露。4バックから3バックに移行した最終ラインを最後まで統率した。
5 町田浩樹 6(HT OUT)
冨安故障で離脱したCBでスタメンのチャンスを掴む。細かいミスはあったが、デュエルの強さなどを見せた。

20 旗手怜央 6.5(60分OUT)
左SBで起用され、持ち味の攻撃参加でチャンスを構築。久保のポスト直撃シュートに繋がったパス、遠藤の2点目を生み出したオーバーラップは秀逸だった。

【PHOTO】豊田スタジアムに駆けつけた日本代表サポーターを特集!
MAN OF THE MATCH
MF
6 遠藤 航 7
的確なポジショニングで中盤をオーガナイズすれば、42分には狙い澄ましたミドルで貴重な追加点。攻守に貫禄のプレーを披露した。MOMに。

17 田中 碧 6.5
デーゲームにもかかわらず、息切れすることなくエネルギッシュなプレーを貫徹。29分には鋭いパスで決定機を演出した。

10 堂安 律 6(75分OUT)
ガーナ戦に比べるとやや大人しかったが、69分に相馬のお膳立てを落ち着いてフィニッシュ。2試合連続ゴールで試合を決めた。
 
11 久保建英 6.5(65分OUT)
19分のシュートはポストを叩いたが、32分に得意の形からガーナ戦に続いて2試合連発。ややラストパスの精度を欠く場面もあったが、違いを作り出した。

7 三笘 薫 6(60分OUT)
何度か持ち前のドリブルからチャンスを作り出す。ダイナミックな持ち上がりから上田のゴールを演出したスルーパスは見事だった。

FW
25 前田大然 5.5(HT OUT)
上田を抑えてスタメン抜擢も、アピールできなかった。チャンスもあったが決められず、特長であるスピードを活かす場面もなかった。
 
途中出場
GK
24 鈴木彩艶 5.5(HT IN)
後半も日本が押し込んでいたため、守備機会はなし。落ち着いて五輪代表デビュー戦をこなした。

DF
28
瀬古歩夢 6(HT IN)
追加招集で合流食後だったが、無難にプレー。綻びは見せなかった。

FW
26 上田綺世 6.5(HT IN)
投入直後にポスト直撃のシュートを放つと、52分には得意の動き出しからループ弾。決定力を見せつけた。
 
MF
14 相馬勇紀 6(60分IN)
左ウイングバックに入ると、いきなり思い切りの良いシュート。堂安のダメ押し弾をアシストした飛び出しも好印象。

DF
27 橋岡大樹 5.5(60分IN)
右ウイングバックに入る。68分には鋭いクロスを送り込むも、中の上田に合わなかった

MF
18 食野亮太郎 5.5(65分IN)
久保に代わって2シャドーの一角に入る。好機もあったが、やや物足りない印象だった。

MF
8 三好康児 6(75分IN)
最後のカードとして投入され、意欲的にプレー。GKのキックを身体に当てたボールが、ゴールラインを割っていれば…。

監督
横内昭展 6.5
ベストに近いメンバーを送り出し、A代表を相手に完勝に導く。60分からは3-4-2-1を試し、本番に向けたオプションのチェックも行なった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】A代表に続きU-24代表も!『日本代表100周年アニバーサリーユニフォーム』を着用してプレーした選手を一挙紹介!