U−24代表は6月12日、豊田スタジアムでジャマイカ代表と対戦し、4-0で勝利した。

 日本は32分、リスタートで酒井宏樹からのスローインに抜け出した久保建英が、右サイドからカットインして左足を振り抜く。相手DFとGKの股を射抜く芸術シュートを決め、先制に成功した。さらに42分には、遠藤航がミドルシュートを突き刺した。

 後半は57分に上田綺世が華麗なループシュートでネットを揺らし、64分には相馬勇紀のアシストから堂安律が加点。ゲームは4-0でタイムアップした。

 試合後、東京五輪メンバー選考前のラストゲームで4-0の勝利に貢献した久保が、先制ゴールの舞台裏を明かした。

「給水タイム明けくらいに酒井選手から、『リスタートを準備しておけ』という話があった。事前にリスタートで相手の裏をつける時はついていこうという話があったので、チームとして狙いどおりの形だったと思います」
 この日の久保は、堂安律&三笘薫と2列目を形成。好タレントたちとの連係についても口を開いた。

「堂安選手とは1試合目から一緒にやっていたので、だいたい分かっています。三笘選手はJリーグのプレーを見ていますし、前日練習でも一緒にやっているので、だいたいこういう感じかなというふうに。できるだけ自分が合わせられるようなプレーを心掛けたつもりですけど、まだまだ個人としてもチームとしても至らないところはあると思うので、しっかり突き詰めていければいいと思います」

 東京五輪のメンバー18人は今月下旬に発表予定。久保は「まだ何も決まっていないですけど、いったんみんなしっかり休んで、メンバー選考の日を個人としてもチームとしても心待ちにできたら」と言う。そして、東京五輪に向けた意気込みも語った。

「自分たちにできるのはしっかり準備することだと思います。開催された時のために準備しておくのが選手としての義務。しっかり準備したいと思います」

 果たして、東京五輪のメンバーに選ばれ、無事に大会が開催されれば、久保はどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。この先も目が離せない。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】豊田スタジアムに駆けつけた日本代表サポーターを特集!

【PHOTO】U-24日本4-0ジャマイカ|五輪メンバー発表前最後の試合は遠藤航、久保らのゴールでジャマイカを相手に4発快勝!