突然のアクシデントにスタジアムは静寂に包まれた。

 現地6月12日、コペンハーゲンで開催されていたEURO2020のグループステージ、デンマーク代表vsフィンランド代表の一戦。0−0で迎えた40分過ぎだった。敵陣深くで得たスローインを受けようとした瞬間、デンマークの攻撃的MFクリスティアン・エリクセンがピッチに前のめりに昏倒。そのままピクリとも動かず、すぐさまドクターやチームメイトたちが集まる緊急事態となった。

 観客やテレビの視聴者が、事の重大さを気づかされたのは、心臓マッサージの手当てを受けているエリクセンを姿を見せまいと、周囲を仲間たちが取り囲んでいたためだ。振り返らずにすすり泣く者、唇をかみしめる者、抱き合って無事を祈る者。スタジアムは現実に起きていることなのかさえ分からない、といった雰囲気で、誰もが祈りをささげた。

 やがて10分後、担架に乗せられたエリクセンは選手たちに囲まれながらピッチを後に。その容体が心配される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部