ジャマイカ戦は、東京五輪への“サバイバル”の位置付けだった今回のU-24代表活動でもラストアピールとも言えるステージ。同時にオーバーエイジ3人を含めたチームの融合を図る場でもあり、選手たちにも様々な思いがあったはず。

 ジャマイカは前回のガーナと違い、れっきとしたA代表であり、すでにセルビアのA代表と対戦していたことから決して簡単な相手ではなかった。やはり伝統的なジャマイカのイメージ通りに身体能力が高く、スピードもある選手たちが揃っているが、新鮮なのはかなり丁寧に自陣からビルドアップしてくることだ。

 単にスピードやパワーを前面に押し出してロングボールを当ててくるのではなく、しっかりとつないで多角的に起点を作ってくる。それがU-24日本代表にとってはやりやすさになっていた。前からプレスをかけやすく、そこを破られても遠藤航と田中碧のボランチやオーバーエイジの吉田麻也と酒井宏樹を擁する4バックが止めることができる。

 一方のディフェンスはかなり人に強くくる分、日本が相手の守備を引きつけながらボールを失わずにつなげれば、周囲にスペースが生じてくる。一つひとつのつなぎにボールロストのリスクはあるが、チャンスにつながる可能性もあるなかで、いかに勇気と攻撃の共有を持ってゴールに迫れるかがポイントだった。

 日本が決めた4得点の他にも、久保建英のポスト直撃弾、堂安律のシュートが相手GKバーンズのビッグセーブに阻まれたシーンなど、惜しいチャンスはあったが、得点場面で選手がどう関わっていたかを検証したい。

 1点目は酒井のスローインを右サイドで受けた久保がドリブルで侵入し、マーカーのティルトをはじめ相手のディフェンスがブロックに来たところを左足一閃。GKを含む4人の股下を破るというスーパーゴールだったが、このシーンでは前田大然と三笘薫がボックスに入り込んでおり、さらに久保をインサイドから追い越す形で堂安が走り込んだ効果も大きかった。
 
 興味深いのは酒井が投げた方向に久保が中央から斜めに走って守備のギャップを突いたことで、堂安はその動きの流れで生じたインサイドのスペースに走っている。そこからバックステップを踏んでフリーになり、ディフェンスの意識を分散させる効果を生んでいる。ジャマイカのディフェンスがGKをのぞいて6人、日本は4人という状況だったが、ポジショニングのバランスが良かったために厚みがあった。

 2点目はゴールを決めた遠藤がインターセプトしたところから、三笘を経由して堂安、田中、そして最後は遠藤が技ありのシュートを決めた。もちろん直接パスで絡んだ3人の貢献は見逃せないが、遠藤がボールを受けるところでプルアウェイをしてディフェンス(ハーディング)を右に引きつけた前田と、遠藤の外側をオーバーラップすることで、遠藤の手前のブロック(マリアッパ)を左に剥がした旗手怜央の動きがなければ、あれほどシュートコースが綺麗に割れることはなかっただろう。

【PHOTO】U-24日本4-0ジャマイカ|五輪メンバー発表前最後の試合は遠藤航、久保らのゴールでジャマイカを相手に4発快勝!

【PHOTO】圧巻の股抜きシュートで先制ゴール!久保建英を特集!
 
 3点目は後半頭から登場した上田綺世の鮮やかなループでのゴールだったが、アシストした三笘の見事なスルーパスに言及するべきだろう。しかも、おそらく横内昭展監督は後半15分を目処に、同じ左サイドの相馬勇紀への交代をプランニングしていた可能性が高く、前回のガーナ戦よろしく、そういう時間帯にゴールに直結するプレーを出せる三笘の勝負強さを感じさせる。左から中にドリブルを仕掛けた三笘と前線で裏に抜けた上田。この年代の代表はもちろん、ユニバーシアードなどで一緒に組んでいたからこそ通じるイメージがゴールに結びついた形だが、もう一人の貢献も触れておきたい。

 このシーンは一見してカウンターのような速攻に見えるが、実際はボールをつないでいたところから、ジャマイカのディフェンスを縦に間延びさせることが大きかった。GKの谷晃生からボランチの田中が受けて、左センターバックの瀬古歩夢に戻す。そこでジャマイカがプレスをかけにくるが、瀬古は2タッチ目で左足のパスを三笘に通した。

 三笘は右足でファーストコントロールしながら前を向き、中央で久保が開けたコースをドリブルしながら右足でディフェンスの間に通すという形だった。起点になった瀬古は右利きだが、左右の足を遜色なく使うことができる。追加招集でラストチャンスにかけていた瀬古としては後半の45分を無失点に抑えたこともそうだが、やはり得意のビルドアップで、ひとつ結果を出したことは大きい。

 4点目は3バックに変更した後で生まれた。三笘に代わり、左ウイングに起用された相馬が大きな仕事をした。酒井からの長めのスローインを中央で久保が受けると、ジャマイカのディフェンスが同サイドに寄ったことで生じた左スペースを相馬が走りながら受ける。GKと1対1になりかけるが、左にかわしたところで体勢が難しくなるが、右側から堂安が飛び込んできたことで、向きを立て直した相馬はパスを選択。堂安は落ち着いてボールをコントロールしてから左足で流し込んだ。
 
 最後は流れの中でタイミング良くボックス内のポケットを逃さなかった堂安と、自分で打ちにくい状況から冷静にパスを選択した相馬のプレー選択がゴールに結びついた。また1点目と同じく酒井のスローインは明らかなロングスローでなくても、確実に距離の離れた味方に投げられるということで、非常に有効になりそうだ。

 そして、なんと言っても久保の視野の広さ、判断スピードは目を見張るが、4ゴールに絡んだ選手の他にも、ディフェンスでの奮闘や攻撃のリズムを作るプレーなど、一つひとつがアピール材料になりうるものだった。もちろんジャマイカの勢いある守備や身体能力に対してプレーがズレるシーンや後手を踏むシーン、ボールロストもあったが、そうしたものも全体でカバーし合いながら、決して楽ではない強度のゲームで4-0という勝利に結び付けた。

 試合後には全員で記念撮影が行なわれたU-24日本代表。最終的には金メダルを目標に決勝まで見据えた18人が選ばれることになる。そこからが東京五輪代表としての本当の戦いになるが、チームの立ち上げから4年半、今回のメンバーから外れた候補の選手も含めて、ラージファミリーの全員に「お疲れ様」を伝えたい。

取材・文●河治良幸

【PHOTO】豊田スタジアムに駆けつけた日本代表サポーターを特集!