希代のプレーメーカーが金字塔を打ち立てた。

 6月13日に行なわれたジュビロ磐田対ヴァンフォーレ甲府の一戦で、磐田の背番号50、遠藤保仁がJリーグ史上初となるJ通算700試合出場を達成した。

 1998年に横浜フリューゲルスでプロデビュー。以後、京都パープルサンガ(当時)、ガンバ大阪、そして現所属の磐田に在籍。J1で641試合、J2で59試合。ちなみにゴール数はJ1で103得点、J2で8得点をマークしている。

 Jリーグの公式ツイッターはこの大記録を称え、「日本が誇るレジェンドの更なる活躍に期待です」と綴り、遠藤のプレー集を投稿。ガンバ大阪時代を含め、美技連発の映像がアップされると、多くのコメントが寄せられた。
 
「凄すぎる」
「まだまだ記録伸ばしてください」
「何歳になっても輝き続ける」
「いるべくしてそこにいるヤットさんかっこいい」
「神やん笑」
「永遠の推しで永遠の憧れ」
「唯一無二」
「みんな大好きヤットさん」
「常に平常心でプレーできるのがすごい」
「はぁ…永遠に好きです」

 偉業を成し遂げた甲府戦では先発フル出場し、1-0の勝利に貢献。磐田はこれでクラブ史上初となる5試合連続完封勝ちを達成し、2位に浮上。昇格圏内に入るのは今季初だ。

 悲願のJ1復帰に向けて邁進するチームを、41歳を迎えた現在も熟練のプレーを見せる遠藤が力強く牽引する。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【動画】「何歳になっても輝き続ける」遠藤保仁のプレー集はこちら!