レアル・マドリーは現地時間6月16日、主将セルヒオ・ラモスの退団を発表した。17日にフロレンティーノ・ペレス会長出席のもと、退団セレモニーと記者会見が行なわれるという。

 35歳のスペイン代表DFは、2005年夏にセビージャからマドリーに移籍。主軸として5度のラ・リーガ戴冠や4度のチャンピオンズ・リーグ制覇など数々のタイトル獲得に貢献した。
 
 ただ、契約最終年となった今シーズンは度重なる故障でリーガでは、わずか15試合の出場のみ。2年の契約延長を求めたクラブとの交渉も、折り合いがつかなかった。

 スペイン紙『AS』は、新天地候補としてシティとユナイテッドのマンチェスター勢とパリ・サンジェルマンを挙げている。

 高額なサラリーを考えても国内移籍の可能性は低く、初の国外挑戦をすることになりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部