[J1第18節]鹿島1-1仙台/6月20日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
鹿島 5.5
仙台の6本に対して3倍以上となる21本のシュートを放ちながら、終了間際のゴールでドローに持ち込むのがやっと。相手GKを中心とした堅守に手を焼いた。

【鹿島|採点・寸評】
GK
31 沖 悠哉 6
失点シーンでは味方CBとの連係の不備を露呈してしまったものの、開始早々の決定的なピンチを好セーブで防ぐなど、試合の入りが良くなかったチームを落ち着かせた。

DF
32 常本佳吾 6
相手ゴールに向かう姿勢に溢れていたからだろう。セカンドボールが目の前にこぼれてくる状況が少なくなく、前半だけで3本のシュートを記録。そのうちの1本でも決めていたら、と思わずにはいられない。

DF
39 犬飼智也 5(86分OUT)
前半は積極的な潰しが奏功し、2トップにほとんど仕事をさせなかった。失点につながるバックパスは痛恨の極み。GKとの距離感を見誤ったか。
 
DF
28 町田浩樹 6
ミスを恐れているのか、前半はアグレッシブさに欠ける面が垣間見られた。1点を追いかける展開となってから、プレーにメリハリが出てきて、フィードも安定した。

DF
14 永戸勝也 5.5
セットプレーでは自慢の左足がうなったものの、流れの中ではどうしたことかゴール前の味方とシンクロせず、シュートにまで至るケースがほとんどなかった。

MF
4 レオ・シルバ 5(63分OUT)
ボールロストが散見され、持ち味であるはずのボールを奪い切るプレーもあまり披露できなかった。どこか身体が重そうだった。

MF
21 ディエゴ・ピトゥカ 5.5(86分OUT)
ボールによく絡んで、攻撃の経由地になっていた。チャンスにつながるパスを供給することもあったが、欲を言えば相手の守備ブロックをもっと右往左往させたい。
 
MF
8 土居聖真 5(77分OUT)
スタートは右サイドハーフ、前半途中からトップ下に。相手DFを剥がしにかかるような挑んでいくプレーは一度くらいか。切り込み隊長の大役を果たせなかった。

MF
13 荒木遼太郎 5(63分OUT)
「どうした、荒木?」という声が聞こえてきそうな技術的なミスが目立った。良いことをやろうとしすぎるのか、肩に力が入って、本来の小気味の良いプレーが影を潜めた印象だ。

FW
9 エヴェラウド 5
得点へのガムシャラさは紛れもなく強み。だが、それがときに裏目に出てしまうことも。今季リーグ戦ノーゴールが頭にちらつくのか、難しい体勢からの強引なシュートが気になった。

FW
18 上田綺世 5.5
パンチの効いた強シュートも高い打点からのヘディングシュートもことごとく相手守護神に阻まれた。「今日は彼の日ではなかった」ということか。
 
途中出場
MF
27 松村優太 5.5(63分IN)
中をしっかり固める相手に対してサイドに起点を作るべく、投入された快足ドリブラー。右SBの常本とともに攻略にかかるも決定的なチャンスを作るまでには至らなかった。

MF
37 小泉 慶 6(63分IN)
L・シルバに代わってピッチに送り出され、前からの守備に奔走しつつ、中盤でのプレー強度の再生を図った。

MF
41 白崎凌兵 6(77分IN)
左サイドハーフに入って守備ブロックの切り崩しにかかった。攻撃にあれこれ変化をつけようと工夫を凝らす様子は伝わってきた。ラインぎりぎりのボールに対して食らいついていく泥臭い姿も見せた。

MF
7 ファン・アラーノ 6.5(86分IN)
後半のアディショナルタイムに起死回生の同点弾。右サイドからのインスイングのクロスに対してゴール前の選手が誰も触ることなく、そのままゴールに吸い込まれた。

DF
23 林 尚輝 ―(86分IN)
すでにルヴァンカップや天皇杯に出場していたが、Jリーグ出場はこれが初。プレー時間はわずかながらひたむきに戦った。

監督
相馬直樹 6
こう着した攻撃を改善すべく、「シンプルにプレーのテンポを上げること。守備ブロックのワキや背後を取りにいくこと」を指示。「勝点1では喜べない」としながらも「勝点0で終わらなかったこと」を評価していた。

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
 
[J1第18節]鹿島1-1仙台/6月20日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
仙台 6
3ラインがほど良い距離感を保ちながら守備ブロックを形成。難敵の鹿島に付け入るスキを与えなかった。相手のミス絡みとはいえ、先制点を奪ったところまでは狙いどおり。長すぎたアディショナルタイムに泣かされた。

【仙台|採点・寸評】
MAN OF THE MATCH
GK
22 ストイシッチ 7
今季新加入の大型GKがついにJリーグデビューを果たす。202センチの長身にもかかわらず、ディフレクションのボールに対しても的確に反応。ビッグセーブを連発した。1-0の勝利まであとわずかだったが、さすがの名手もインスイングクロスに判断を惑わされたか。

DF
25 真瀬拓海 6
開始6分、相手ボールを絡め取り、ドリブルでボックス内まで進入。あわやPKか、という微妙なシーンを作った。負けん気の強さが目を引いた。

DF
16 吉野恭平 6
高さのある相手FW陣に対して果敢に応戦。最後まで粘り強く身体を寄せてヘディングの精度を低下させた。
 
DF
13 平岡康裕 6
相手の最終ラインからのクリア気味のロビングに自身の背後を取られることがあったが、ノーファウルで見事に対応。キズ口を広げずにすませた。

DF
14 石原崇兆 6
決定的なピンチとなった26分。ゴール前のカバーに入り、体勢を崩しながらも何とかシュートを足に当てると、そのままボールが転がってGKの手に納まった。

MF
17 富田晋伍 5.5(61分OUT)
セカンドボールの回収、つなぎの部分でチームに貢献。仙台一筋、J1通算300試合出場をゆうに超える大ベテランは交代するまで足を止めずに奮闘したが、消耗度は隠せなかった。

MF
8 松下佳貴 6
横パスを受けるために右サイドの味方に駆け寄り、ボールを受けると、効き足の左足アウトで縦に入れていくワンタッチパスが秀逸。相手の最終ラインの背後を狙い、カウンターのスイッチを入れた。
 
MF
7 関口訓充 6(61分OUT)
守備に追われる時間が多く、得意のドリブルを見せる機会は少なかったが、チームのために戦い続けた。相手ボールになった瞬間、およそ50メートルを一気に戻っていく姿もあった。

MF
32 氣田亮真 6(78分OUT)
開始1分、左サイドから西村にピンポイントのクロスを送り、ヘディングシュートを引き出した。後半途中から3バックにしたあとは2シャドーの一翼を担った。

FW
15 西村拓真 6.5(90+2分OUT)
チーム一となるJリーグ4点目をゲット。ひたむきにワンチャンスを狙い続け、それを逃さなかった。したたかな姿勢が生んだ先制点だった。

FW
11 赤﨑秀平 5.5(61分OUT)
後半すぐに訪れたチャンスをものにしたかった。迷わずに放ったボレーシュートはクロスバーの上を越えた。右からのパスがハーフバウンドっぽくなり、やや難しかったが、フリーだっただけに「せめて枠内」か。
 
途中出場
DF
5 アピアタウィア久 6(61分IN)
3バックのシステム変更に伴い、右のCBとして交代出場。先制点は自身からのアバウトなロビングがきっかけになった。

MF
6 上原力也 6(61分IN)
運動量の低下したベテラン富田に代わってボランチに入る。ゴール前の直接FKではキッカーも任された。

FW
20 マルティノス 6(61分IN)
タッチライン際にポジションを取り、パスを受けると、ドリブル開始。チームとしての守備時間を少しでも減らすためにボールキープすることが与えられた役割だった。

MF
26 加藤千尋 ―(78分IN)
チームにフレッシュなエネルギーを送り込むために交代出場。守備固めではなく、トドメを刺しにいく姿勢もちらつかせた。

FW
33 フェリペ・カルドーゾ ―(90+2分IN)
先制点を決めた殊勲の西村に代わってトップに起用された。1点のリードを守ったまま試合を締めくくるはずだったが、よもやの展開に愕然とするばかり。

監督
手倉森誠 6
各チームの消化試合数に違いがあるものの、勝点1を積み上げ、暫定ながらJ2降格圏内から脱出。「激闘を覚悟していた鹿島に良いゲームができた。最後の最後に追いつかれたけれど、ポジティブな引き分け」と、前向きにとらえた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストweb編集部