現地時間6月23日、アメリカ合衆国のジョー・バイデン大統領が公式ツイッターを更新。先日、トランスジェンダーであると公表した横山久美を称えている。

 元なでしこジャパンの横山は19日、「カミングアウトします」と宣言。なでしこ仲間だった永里優李のYoutubeチャンネルを通じて、自身がトランスジェンダーであることと、将来は男として生きていきたいという心境を明かした。

 バイデン大統領は、横山と時を同じくして、自身が同性愛者であることを明かした、アメリカン・フットボールのラスベガス・レイダースに所属するカール・ナシブと横山の名前を綴り、その勇気を称賛している。
 
「今週、先駆者ともいえる、ふたりの著名なアスリートが告白をした。カール・ナシブとクミ・ヨコヤマ、あなた方の勇気をとても誇りに思います。あなた方のおかげで、世界の無数の子供たちが今日、新しい光の中で自分自身を見つめることができる」

 この投稿はすでに6000以上RTされ、「いいね」も6万以上集まり、大きな反響を呼んでいる。横山本人も「本当にありがとうございます」と反応し、所属元のワシントン・スピリットも「協力的な隣人である、素晴らしい大統領に感謝します!」と謝辞を送っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編有紀