東京オリンピックの男子サッカーは7月25日、各地でグループステージ2節の8試合を開催。埼玉スタジアムでは、U-24日本代表対U-24メキシコ代表の一戦が行なわれ、2-1で日本が勝利を収めた。

 日本は初戦の南アフリカ戦から三好康児に代えて相馬勇紀を起用。相馬が今大会初のスタメンに名を連ね、ベンチメンバーには三笘薫が入った。

 試合は立ち上がりから日本の出足がメキシコを上回り、前線からの積極的な守備でメキシコを自陣に押し込む。すると、開始6分に早くも日本が先制。右サイドの酒井宏樹からのパスに抜け出した堂安律が右足で折り返すと、走り込んだ久保建英が左足のシュートを突き刺しす。久保の南アフリカ戦に続く2試合連続弾で日本が1-0とリードする。

 日本はなおもメキシコを押し込み、11分には相馬勇紀が相手DFにペナルティエリア内で倒されPKを獲得。これを堂安が左足でゴール中央へ蹴り込みネットを揺らす。日本が早くも2点を先行した。

 日本はボランチの遠藤航が中盤でインターセプトからカウンターを発動するなど、効果的な守備でメキシコの攻撃を封じる。前半は安定した試合運びでメキシコに得点を許さず、2-0とリードして折り返す。
 
 2点リードで迎えた後半、日本はメキシコの反撃を受ける展開となり、ボール支配では後手に回るが、最終ラインで吉田麻也、板倉滉らが粘り強い対応を見せて決定的なチャンスを許さない。

 そして68分には後方からのフィードに抜け出した堂安がメキシコのホアン・バスケスに倒され、ペナルティエリアのすぐ外でFKを獲得。バスケスは一発レッドで退場処分となった。

 数的優位に立った日本は、一人少ないながらも果敢に仕掛けてくるメキシコの攻撃を凌ぎ、2点リードのスコアを保ったまま終盤へ。75分過ぎには林大地が相手ゴール前に持ち込み、追加点を狙うが枠を捉えきれず3点目とはならない。直後に堂安に代えて三笘薫、林に代えて上田綺世を投入する。

 終盤、日本はメキシコの反撃を許し、セットプレーからロベルト・アルバラドにネットを揺らされてしまう。2-1と1点リードに詰められる。

 しかしその後はメキシコの反撃をGK谷晃生のファインセーブなどで断ち切り、2-1でタイムアップ。日本がグループステージ2連勝を飾り勝点6でグループA首位に立ち、決勝トーナメント進出へ大きく前進した。日本は28日にグループ最終戦でU-24フランス代表と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!