今夏にスコットランド1部のセルティックに新天地を求めた古橋亨梧が、現地時間の7月30日、SNSを更新。緑と白のユニホームに身を包んだ自身のイラストを投稿し、「A dream come true. Can’t wait to be in Paradise」と英字で綴り、「夢が叶いました」と喜びを表現した。

 セルティックの公式ホームページでも、日本代表FWの到来を発表。「キョウゴはとてもワクワクしている。日本のヴィッセル神戸から4年契約で加入した」と伝えている。背番号は8。セルティックの元キャプテンで、リーグ9連覇などに貢献した元スコットランド代表MFスコット・ブラウンが昨季まで背負っていた特別なナンバーが託された。

 同サイトでは古橋の独占インタビューも掲載。8番については、「ファンにとってはとても重要で、クラブの真のヒーローが長年に渡り、背負っていた番号であることを理解しています。彼がクラブに何をもたらしてきたか、ということも」と敬意を表し、次のように語っている。

「またこの番号は、神戸でのチームメイト、アンドレス・イニエスタも付けています。彼とはとても親しくしているし、電話でも話す間柄です」
 
 ふたりの偉大なる名プレーヤーと同じ背番号。「それは自分にとって様々な意味を持ちますし、驚くべき名誉です」と感慨深く話す。

 新たなキャリアを刻もうとしている26歳のアタッカーは、やる気に満ち溢れている。「このクラブの一員になれたことを本当に光栄に思っています。監督やチームメイトとともに、素晴らしいサポーターのために戦う。それが待ち遠しい」と意気軒高だ。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【関連フォト】「夢が叶いました」セルティックのキットに身を包んだ古橋亨梧

【PHOTO】滅多に見られない!?古橋亨梧の移籍壮行式に駆けつけたヴィッセル神戸イレブンの私服を大特集!

【PHOTO】サポーター2500人以上が駆け付ける!!セルティックへの移籍が決定した古橋亨梧がノエスタにて移籍壮行式を実施!