2021年8月2日、FC東京が野澤大志ブランドンの育成型期限付き移籍を発表。アンダーカテゴリーの代表歴もあるGKはJ3のいわてグルージャ盛岡(略称は岩手)に新天地を求めることになった。

 育成型期限付き移籍期間は、 2021年8月1日から2022年1月31日まで。プロでの実戦経験を積んで、ひと回り大きくなって戻ってきたい。今回の決断について、本人はクラブを通して次のようにコメントしている。
 
「この度、いわてグルージャ盛岡に育成型期限付き移籍をすることになりました。 
東京に残ってチームの勝利に貢献したいという想いもあるなか、今回は自分の中でチャレンジしたいという気持ちが強く、この決断をしました。岩手で活躍し、その経験を活かしてまた東京に戻ってきたいと思います。 精一杯頑張ってきます。ありがとうござました。」

構成●サッカーダイジェスト編集部