Jリーグは9月18日に、J1第29節の10試合を各地で開催。鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムでは、徳島ヴォルティス対川崎フロンターレの一戦が行なわれ、3-1で川崎が快勝を収めた。

 川崎は韓国で行なわれたACLから中3日のゲームとなった。なおかつ怪我人が続出しているため、ここまで出場時間が短い遠野大弥や知念慶が先発。新加入のマルシーニョもスタメンに名を連ね、Jデビューを果たした。

 徳島は、今回出場停止の岸本武流に代わり藤田征也が右サイドバックで出場。また今夏加わった元ノルウェー代表のムシャガ・バケンガがベンチ入りした。

 試合の立ち上がりは、徳島がカウンターから好機を作る。11分には西谷和希がネットを揺らすも、これはオフサイドに。

 先制したのは川崎だった。徐々に敵陣でのパスワークで相手を圧倒すると、34分に左サイドからドリブルで仕掛けたマルシーニョが倒されPKを獲得。これをキッカーの知念慶が冷静に沈める。
 
 その4分後、徳島に一瞬の隙を突かれて一美和成に強烈なミドルを決められるも、42分にアタッキングサードでの見事な連携から、脇坂泰斗が見事なコントロールシュートでネットを揺らしてふたたびリードを奪う。

 王者は後半も攻撃の手を緩めず。52分には、右CKから知念が頭で合わせてリードを2点に広げる。徳島は62分に期待のFWバケンガを投入するも、最後までビハインドをはね返すことはできず。川崎が3発快勝を収めた。

 この結果、川崎が2連勝。徳島は6連敗と苦しい状況が続いている。

 次戦はともにアウェーで、徳島は25日にベガルタ仙台と30節、川崎は22日に鹿島アントラーズと32節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】一美和成が徳島移籍後初ゴール! 強烈なハーフボレーを突き刺し同点に!