現地時間9月18日に開催されたプレミアリーグ第5節で、前節にようやく初勝利を挙げたアーセナルが、敵地でバーンリーと対戦。その試合で新天地デビューを果たした冨安健洋が2試合連続でスタメンに名を連ねた。

 62分で交代した1週間前のノーリッジ戦と同様、右SBに入った冨安は、その試合と同じく、安定感のあるプレーを披露。フィジカルの強いバーンリーを相手に、空中戦ではほとんど競り勝ち、1対1でもほぼ負けていなかった。

【動画】「皆を驚かせた」と英紙が注目した冨安の衝撃プレー
 
 バーンリーが57分に左サイドへ投入した新戦力のコートジボワール代表コルネも、冷静な対応で封じてみせた。

 試合は30分にウーデゴーが直接FKを叩き込んでアーセナルが先制。後半は押し込まれたものの、この1点を守りきって1‐0で勝利。冨安はフル出場で連勝に貢献している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】電撃移籍後、いきなりのスタメン出場!アーセナルで躍動する冨安健洋!

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち