今夏にヴィッセル神戸に加入したボージャン・クルキッチが、『DAZN』の番組「Jリーグプレビューショー」で日本サッカーの印象を語った。
【動画】シュート技術の高さを発揮! ボージャンが決めた待望のJ初ゴール

 バルセロナのカンテラ(下部組織)時代は“天才”と持てはやされ、17歳でトップデビューを飾ったボージャン。しかし、バルサでは伸び悩み、その後はイタリア、オランダ、イングランド、ドイツ、カナダ(米国)を渡り歩いた。
 

 そして、31歳にして日本にやって来た元スペイン代表FWは、Jリーグのレベルに驚かされたという。「特に衝撃を受けたのは…」と切り出し、次のように語っている。

「ボールを持ったときのプレッシングや試合のリズムがとても速く、インテンシティもすごく高い」

 さらに、「競い合いのあるリーグなので、海外から来た選手も楽しんでいると思う」と続けている。

 10月2日に行なわれたJ1リーグ第31節の浦和戦(5‐1)では、途中出場で待望のJ初ゴールを奪ったボージャン。徐々に日本のサッカーにもフィットしてきており、重要なシーズンに終盤に向けて、そのパフォーマンスにますます注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!