セリエA第24節が28日に行われ、1位インテルと12位ジェノアが対戦した。


 前節の“ミラノ・ダービー”を3−0で制して2位ミランとの勝ち点差を「4」に広げたインテルは、開始早々の32秒に先制する。相手のクリアをカットしてカウンターを展開すると、ロメル・ルカクがラウタロ・マルティネスとのパス交換で相手を剥がす。そのままペナルティエリア付近までドリブルで運んだルカクは、右足でゴール左下に流し込んだ。


 先制後も攻撃の手を緩めないインテルは15分、ルカクのポストプレーから飛び込んだマッテオ・ダルミアンにチャンスが訪れたが、枠を捉えられない。17分にはニコロ・バレッラのシュートがクロスバーに直撃。30分、ハーフウェーライン付近からドリブルで運んだルカクがエリア内まで運んで左足を振り抜いたが、相手GKマッティア・ペリンに止められる。36分にはバレッラのクロスにL・マルティネスがバイシクルで合わせたが、これも相手GKペリンに抑えられた。


 1点のリードで折り返したインテルは、69分に待望の追加点を獲得する。イヴァン・ペリシッチからのスローインをピッチ中央で受けたルカクは、力強いドリブルでエリア内まで独走。相手を3人引き付けて右サイドでフリーになったダルミアンに託すと、ダルミアンは抑えの効いたシュートでネットを揺らした。


 インテルは77分にジェノアを突き放す。左サイドから仕掛けたペリシッチがニアに折り返すと、飛び込んだルカクが左足ダイレクトで合わせる。これはペリンのファインセーブに阻まれたが、セカンドボールをアレクシス・サンチェスが頭で押し込んだ。インテルはさらに追加点を奪おうと試みるが、相手GKペリンも集中を崩さずにゴールを許さない。


 試合はこのまま終了し、インテルはリーグ戦5連勝で今季17勝目、ジェノアはリーグ戦8試合ぶりの黒星で今季10敗目となった。次節、インテルは3月4日にパルマと、ジェノアは同3日にDF吉田麻也が所属するサンプドリアとの“ジェノヴァ・ダービー”を戦う。


【スコア】

インテル 3−0 ジェノア


【得点者】

1−0 1分 ロメル・ルカク(インテル)

2−0 69分 マッテオ・ダルミアン(インテル)

3−0 77分 アレクシス・サンチェス