天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会2回戦が9日、各地で行われた。


 今大会は、J1・J2のクラブに各都道府県代表チームを加えた90チームのノックアウト方式で争われる。2回戦からは明治安田生命J1リーグに所属するクラブが登場。J2チーム、都道府県代表チーム、アマチュアシードらが対戦した1回戦を勝ち上がったチームと対戦した。


 川崎フロンターレはAC長野パルセイロと対戦。藤山智史にゴールを決められ先制を許したが後半アディショナルタイムに橘田健人が値千金の同点弾。延長戦でも勝負は決まらず、PK戦に突入し、川崎が苦しみながらも勝利。3回戦にコマを進めた。


 一方で横浜F・マリノスはHonda FCに、FC東京は順天堂大学に延長戦の末敗れ2回戦で姿を消した。また、北海道コンサドーレ札幌はソニー仙台FCと激突。ソニーが内野裕太のゴールで先手を取ったが札幌がすぐさま追いつく。試合は打ち合いの様相を呈したが、中島大嘉のハットトリックもあり5−3で札幌がソニーを下した。


 2回戦の試合結果は以下の通り。


■2回戦試合結果(9日)

川崎フロンターレ 1−1(PK戦:4−3) AC長野パルセイロ

ジェフユナイテッド千葉 1−0 大宮アルディージャ

清水エスパルス 1−0 福山シティFC

ベガルタ仙台 0−1 いわてグルージャ盛岡

モンテディオ山形 1−2 ヴェルスパ大分

横浜F・マリノス 2−2(PK戦:3−5) Honda FC

ジュビロ磐田 3−0 北海道十勝スカイアース

セレッソ大阪 2−0 ガイナーレ鳥取

アルビレックス新潟 4−1 ツエーゲン金沢

サガン鳥栖 1−0 ロアッソ熊本

アビスパ福岡 6−0 鹿児島ユナイテッドFC

栃木SC 2−0 FC町田ゼルビア

北海道コンサドーレ札幌 5−3 ソニー仙台FC

V・ファーレン長崎 2−0 沖縄SV

松本山雅FC 1−0 FC琉球

湘南ベルマーレ 0−0(PK:4−3) F.C.大阪

柏レイソル 3−0 栃木シティFC

京都サンガF.C. 3−1 FC今治

浦和レッズ 1−0 カターレ富山

ギラヴァンツ北九州 0−1 SC相模原

名古屋グランパス 5−0 三菱FC

徳島ヴォルティス 2−1 高知ユナイテッドSC

FC東京 1−2 順天堂大学

水戸ホーリーホック 0−3 ザスパクサツ群馬

大分トリニータ 3−2 ホンダロックSC

ヴァンフォーレ甲府 1−2 福井U


■2回戦の対戦予定(16日)

18:00 横浜FC vs 八戸

18:00 東京ヴェルディ vs ファジアーノ岡山

18:00 ヴィッセル神戸 vs 鈴鹿

19:00 サンフレッチェ vs お京都

19:00 鹿島アントラーズ vs YS横浜

19:00 ガンバ大阪 vs 関学大