2021JリーグYBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦の3試合が13日に行われた。


 アンジェ・ポステコグルー監督がセルティックの新指揮官就任に伴い退団した横浜F・マリノスは、松永英機暫定監督の初陣で北海道コンサドーレ札幌と対戦。7分にオウンゴールで先制した札幌は、後半立ち上がりの51分に菅大輝がリードを広げる。横浜FMは61分に水沼宏太が1点を返したものの、札幌は87分に柳貴博がダメ押しの追加点を決める。札幌は合計スコア4−2でプライムステージ進出を決めた。


 湘南ベルマーレとの第1戦を0−1で落としたFC東京は、11分にセットプレーの流れからレアンドロが先制点を挙げて振り出しに戻すと、35分にはディエゴ・オリヴェイラ、41分にはアダイウトンがネットを揺らしてリードを広げる。湘南は44分に中村駿が1点を返したものの、FC東京は後半終了間際にアダイウトンが湘南を突き放す4点目。FC東京が逆転で突破を決めた。


 ヴィッセル神戸との第1戦を2−1で制した浦和レッズは、16分にキャスパー・ユンカーのお膳立てから小泉佳穂が流し込んで先制するが、22分にドウグラスにヘディングシュートを決められて追いつかれる。すると前半終了間際、宇賀神友弥のロングボールに抜け出したユンカーが見事なループシュートを決めて、浦和が再びリードする。神戸は77分、ペナルティエリア手前で獲得したフリーキックをアンドレス・イニエスタが直接決めて追いつく。しかし、イニエスタの今季初得点も実らず、浦和が逃げ切りに成功。合計スコア4−3でプライムステージに進出した。


 プレーオフステージ第2戦の試合結果とプライムステージ進出クラブは以下の通り。


■ルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦

▼6月6日

鹿島アントラーズ 2−1(2戦合計:3−1) 清水エスパルス


▼6月13日

横浜F・マリノス 1−3(2戦合計:2−4) 北海道コンサドーレ札幌

湘南ベルマーレ 1−4(2戦合計:2−4) FC東京

浦和レッズ 2−2(2戦合計:4−3) ヴィッセル神戸


■プライムステージ進出クラブ

川崎フロンターレ

ガンバ大阪

名古屋グランパス

セレッソ大阪

北海道コンサドーレ札幌

鹿島アントラーズ

浦和レッズ

FC東京