ハンガリー代表DFアッティラ・フィオラが19日に行われたフランス代表戦を振り返った。イギリスメディア『BBC』がコメントを伝えている。


 ハンガリーはEURO2020のグループF第2節で、優勝候補フランスと対戦。『プスカシュ・アレーナ』でホームサポーターからの大きな後押しを受けるハンガリーは45+2分、A・フィオラのゴールで先制に成功した。その後フランスに追いつかれたものの、“死の組”グループFで貴重な勝ち点「1」を獲得。


 先制ゴールを決めたA・フィオラは試合後、「素晴らしいチームプレーにより素晴らしい結果を得ることができた」と振り返り、「僕はチームとサポーターを誇りに思う。今日は僕の人生の中で最も美しい日の一つだよ」と喜びを述べた。


 同選手は「チームでのプレーが素晴らしかった。前回のポルトガル代表戦よりも勇敢なサッカーを披露でき、攻撃面でも良かった。今日は素晴らしかったね」と話した。


 ハンガリーは次節、23日にドイツと対戦する。