ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが負傷した。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が26日に伝えている。


 ユヴェントスはセリエA第6節でサンプドリアとホームで対戦。10分、こぼれ球を拾ったMFマヌエル・ロカテッリの横パスを受けたディバラは、左足ミドルでゴール右下にネットを揺らした。同選手は先制ゴールを決めたものの、21分にFWデヤン・クルゼフスキとの負傷交代を強いられた。


 サンプドリアに3−2で勝利したユヴェントスだが、ディバラは今後2試合を欠場する見込みだという。『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ディバラは筋肉の問題により、29日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節のチェルシー戦と10月2日に行われるセリエA第7節のトリノとのダービーを欠場することになる模様。なおディバラは27日に負傷の程度を検査するという。