パリ・サンジェルマンは21日、フランス代表FWキリアン・エンバペと新契約を締結したと発表した。契約期間は2025年6月までの3年間。


 現在23歳のエンバペは、PSGとの現行契約が2022年6月30日までとなっており、去就に大きな注目が集まっていた。昨年夏に移籍金1億8000万ユーロ(約243億円)のオファーを提示したとみられるレアル・マドリードが再び今夏の獲得に向けて交渉をし、一時は合意報道も出ていたが、最終的には契約延長の運びとなった。


 エンバペは、「PSGとの契約延長を選択したことを伝えたかった。そしてもちろんすごくハッピーだよ。最高のパフォーマンスを発揮するための方法をすべて与えてくれるクラブで、必ず成長し続けられる。生まれ育ち、活躍した国であるフランスでプレーを続けられることも幸せだよ。ナセル・アル・ケライフィ会長の信頼、理解、忍耐に感謝したい。そして、国内外すべてのPSGファンに感謝したい。特にこの数カ月、たくさんの愛をくれた。共に団結し、野心を持ち、魅力的な賭けに挑戦しよう」とコメントを寄せている。




【動画】本人が回答!ムバッペ、エムバペ、エンバペ。どれが正解?