エンポリに所属するアルバニア代表MFクリスティアン・アスラニが、インテルに移籍することが決定した。6月30日に両クラブが発表している。


 発表によると、移籍形態は買い取り義務付きのレンタル移籍で、金額は明らかになっていないが、イタリアメディア『フットボール・イタリア』によると、レンタル料が400万ユーロ(約5億7000万円)で、1000万ユーロ(約14億円)で買い取ることになるという。なお、背番号は「14」に決定している。


 現在20歳のアスラニはエンポリの下部組織出身で、2021年1月にトップチームデビューを果たした。トップチームに昇格した2021−22シーズンは後半戦から主力に定着し、公式戦26試合の出場で1ゴール1アシストを記録した。また、今年3月にアルバニア代表デビューも果たし、これまで通算4試合に出場している。


 移籍が決定したアスラニはインテルのクラブ公式サイトで「素晴らしい気分だ。僕はまだ20歳だけど、このクラブを代表するチャンスを得られたことは本当に特別なことだ。シーズンが始まるのが待ち切れないし、自分のすべてを出したいと思っている」と意気込みを語っている。