EURO2024・グループC第2節が20日に行われ、デンマーク代表とイングランド代表が対戦した。


 EURO2024予選でグループHに入り、首位突破を果たして本大会出場権を獲得したデンマーク代表。グループステージ初戦では、予選でも対戦したスロベニア代表との再戦が実現し、後半に追いつかれる形で勝ち点「1」を積み上げた。対するは、EURO初制覇を目指す優勝候補のイングランド代表。初戦の勝利で白星発進に成功した“スリーライオンズ”には、一部のファンやメディアから試合内容についての批判が集まったが、ガレス・サウスゲート監督は前節と同じ11名を先発に起用している。


 試合序盤は、デンマーク代表の組織的な守備と鋭いトランジションがイングランド代表を苦しめる。それでもイングランド代表は、13分にポゼッションで相手を押し込み、敵陣右サイドでボールを持ったカイル・ウォーカーが横パスを供給。フィル・フォーデンが巧みなタッチでマーカーをかわし、ボックス内に運びながら左足でシュートを放つが、ボールは枠を捉えることができなかった。


 すると、18分に早くもイングランド代表がスコアを動かす。最終ラインからボールを繋ぎ、ピッチ中央でパスを受けたジュード・ベリンガムが右サイドに展開。ライン際を駆け上がってきたウォーカーが抜け出してペナルティエリア内に侵入すると、グランダーで送ったクロスはデンマーク代表の選手に当たり、ゴール前に転がる。セカンドボールの先に待ち受けていたハリー・ケインが押し込んで先制点をマークした。


 一方のデンマーク代表も、34分にスローインから自陣でボールを受けたケインのパスを、センターバックを務めるアンドレアス・クリステンセンがインターセプト。そのまま真横のモルテン・ヒュルマンドに繋ぎ、遠い位置から思い切りよく右足を振り抜く。低く抑えられた強烈な一撃は、イングランド代表の選手たちをすり抜けながらポストに直撃してゴールイン。目の覚めるようなスーパーゴールで、デンマーク代表が同点に追いついた。


 前半は本来のパフォーマンスを発揮できなかったイングランド代表だったが、後半はデンマーク代表を押し込む時間が増加する。56分にはDFラインを交えたパス交換から右サイドに展開し、張っていたブカヨ・サカが中央のフォーデンへとパスを送る。左足に持ち替えて放たれたグランダーのシュートはゴールへと向かったものの、惜しくも右のポストに弾かれてしまった。


 得点が欲しいイングランド代表は、69分に3枚替えを敢行。攻撃陣の活性化を図ると、71分に組み立てへと参加したベリンガムが、相手を切り裂くグランダーのスルーパスを送る。投入されたばかりのワトキンスが反応し、角度の小さいエリアからシュートを放つが、GKカスパー・シュマイケルの鋭い飛び出しによって防がれた。


 デンマーク代表も、85分にヨアキム・メーレが敵陣左サイドでパスカット。ボックス内で相手と交錯して生まれたこぼれ球を、ピエール・エミール・ホイビュルクが回収してシュートを狙うが枠外へ。結局、そのまま試合は1−1で終了し、両者1ポイントずつを分け合った。グループC最終節は25日に行われ、デンマーク代表はセルビア代表と、イングランド代表はスロベニア代表と対戦する。


【スコア】

デンマーク代表 1−1 イングランド代表


【得点者】

0−1 18分 ハリー・ケイン(イングランド代表)

1−1 34分 モルテン・ヒュルマンド(デンマーク代表)


【スターティングメンバー】

デンマーク代表(5−4−1)

GK:シュマイケル

DF:メーレ、アンデルセン、ヴェスターゴーア、クリステンセン(57分 バー)、ビクター

MF:ウィンド(57分 ダムスゴー)、ヒュルマンド(82分 ノアゴール)、ホイビュルク、エリクセン(82分 スコフ・オルセン)

FW:ホイルンド(67分 ポウルセン)


イングランド代表(4−2−3−1)

GK:ピックフォード

DF:ウォーカー、ストーンズ、グエイ、トリッピアー

MF:A・アーノルド(54分 ギャラガー)、ライス、サカ(69分 エゼ)、ベリンガム、フォーデン(69分 ボーウェン)

FW:ケイン(69分 ワトキンス)