自身3度目のW杯へ…長友佑都が「今になって身に沁みる」先輩の想いとは

自身3度目のW杯へ…長友佑都が「今になって身に沁みる」先輩の想いとは

 日本代表は13日、2018 FIFAワールドカップ ロシアのベースキャンプ地となるカザンへの出発前に、事前合宿地のゼーフェルト(オーストリア)で取材対応を行った。


 前日には国際親善試合でパラグアイ代表に4−2と逆転勝利を収め、西野朗監督体制での初白星を挙げた。この試合で出番のなかったDF長友佑都は、「チームとしてどうすれば自信を持って戦えるかという戦い方も見えた部分はある」と手応えを感じつつ、ワールドカップ経験者として気を引き締めるべきだと主張する。


「もちろん(W杯の)相手は昨日のパラグアイより断然強い。W杯は次元が違うので。それはもう2大会経験してきて、親善試合とはまったく雰囲気、レベルが違うなと思うので、もう一回引き締めないといけないです」


 今回の事前合宿では、なかなかポジティブな要素が見つからないチームに「明るい話題を」と髪を金色に染め上げたかと思えば、MF本田圭佑に厳しい言葉をぶつけるなど、ピッチ外でも周囲に気を配り、改善のための努力を続けてきた。そんな長友にとって、パラグアイ戦で盟友・香川真司が挙げたゴールは自分のことのように嬉しいものだった。


「彼はドルトムントで試合に出ていない中で代表に合流して、彼自身はポジティブに考えているんだけどやっぱり顔が冴えていなかった。そういうところを僕は10年間一緒にプレーしてきて感じていたからこそ、彼に普通の笑顔が出てきたなという感じがするので、W杯もこのままいってほしいなと思います」


 今大会にここまで強い想いを持っているのは、4年前のブラジル大会での悔しさはもちろん、8年前に見た先輩の存在が大きく関係している。当時23歳ながら全4試合にフル出場した長友は、隣でプレーした田中マルクス闘莉王や、スタメンを外されてもチームの為に尽くした中村俊輔の姿が「今になってすごく身に沁みている」という。


 だからこそ、「自分にやれることをサッカーで見せることはもちろん大事だけど、サッカー以外にもある」と強く感じている。「今になって俊さんの行動、闘莉王さんの言動が、痛いほど沁みていますよ。あのとき、どういう想いで僕たちに接してくれたのかっていうのがね」。31歳で自身3度目のW杯を迎える長友は、様々な想いを背負ってロシアのピッチに立つ。

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索