W杯史上初の珍事、シュート0本で先制点…決勝戦のオウンゴールも初

W杯史上初の珍事、シュート0本で先制点…決勝戦のオウンゴールも初

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ決勝が15日に行われ、フランス代表とクロアチア代表が対戦。先制点は今大会12点目となるオウンゴールによって生まれた。


 フランスは18分、ペナルティエリア手前右でFKを得ると、FWアントワーヌ・グリーズマンがゴールへ向かうクロスを供給。ボールは中央の混戦の中でクロアチアFWマリオ・マンジュキッチの頭をかすめてネットを揺らし、オウンゴールでフランスが先制に成功した。


 データ会社『Opta』によると、W杯決勝でのオウンゴールは史上初のこと。さらに、この先制点は両チームがシュートを放つ前に生まれており、これもW杯史上初の珍事だったようだ。


 また、今大会のオウンゴール数はW杯最多12点。これまで過去最多だったのは1998年フランス大会の6点で、今大会は2倍を記録している。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索