インハイ決勝のリベンジに燃える日ノ本学園…MF久永望生「悔しさを忘れたことはない」

インハイ決勝のリベンジに燃える日ノ本学園…MF久永望生「悔しさを忘れたことはない」

 第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会は4日、兵庫県三木市内で2回戦の8試合が行われた。


 夏の全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)で準優勝の日ノ本学園高校(関西2/兵庫)と、関東地域予選決勝で十文字(関東2/東京)を下して1位通過してきた修徳高校(関東1/東京)の対戦は、後半に2得点を挙げた日ノ本が2−0で勝利した。


 1得点1アシストをマークして勝利の立役者となり、日ノ本を4大会ぶりのベスト8進出に導いたMF久永望生は、1、2年次はスタンドから応援する立場だった。冬の高校女子選手権のピッチに立ったのは、今大会が初めて。1回戦では不発に終わったが、この日は修徳の粘り強い守備を見事に攻略した。


「修徳の守備は甘くなかったけど、(味方同士で)走るところは走って、最後は滑ってでも(ボールに触り)点を決めようとしていた」と久永が話した通り、ふたつのゴールはどちらも、懸命に体を寄せてくる相手より、わずかなタッチの差で決めた、執念とも言えるゴールだった。


「田邊友恵先生から『信じて走れ』って言われて、クロスを信じて走ったから得点が取れた。普段の練習から(アシストの渡邊那奈に)『絶対に(ゴール前に)入るからクロスを上げて』と言っているので、それが出せたかな」と、久永は嬉しそう。


 先制点のアシストシーンについても、「右サイドから走ってくる味方を信じて、(クロスを)上げて得点が決まった。信じてよかった」と笑みをこぼした。


 しかし、日ノ本の優勝を阻もうとする次の壁も相当に厚い。1回戦で優勝候補の藤枝順心高校(東海1/静岡)を下し、2回戦では専修大学北上高校(東北3/岩手)に11−0の完勝を収めてきた、インターハイ女王・常盤木学園高校(東北1/宮城)との対戦が決定。夏のインターハイの決勝カードが、準々決勝で実現した。


 その際には0−3で日ノ本が完敗を喫しており、田邊監督も「(常盤木は)強いんですよ…」と、いつも通りの弱気な発言。それでも「インターハイのリベンジができる」と、夏の借りを返すチャンスを得た。


「控えにも役割をハッキリ与えたらやれる選手たちがいる。スタメンでもおかしくない選手もいるので、常盤木相手にもやれるかな」と、総力戦で挑む。


 来季は、プレナスなでしこリーグ2部のニッパツ横浜FCシーガルズでプレーすることが内定している久永も、「インターハイで悔しい思いをしている、絶対に勝ちたい相手。負けた悔しさは今まで1回も忘れたことはない。冬にリベンジして、自分たちが日本一を獲れるように頑張ってきた。プレーも気持ちも強くなってきている」と、夏からの成長の跡を発揮するつもりだ。


文=馬見新拓郎


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索