初のベスト4進出を果たした星槎国際、ファイナルへのキーマンはFW遠藤彩椋

初のベスト4進出を果たした星槎国際、ファイナルへのキーマンはFW遠藤彩椋

 第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会は6日、兵庫県三木市内で準々決勝の4試合が行われた。


 いずれも初の準々決勝に勝ち残った、星槎国際高校湘南(関東3/神奈川)と花咲徳栄高校(関東4/埼玉)の対戦は、流れの中から得点した星槎国際が2−1で競り勝って初のベスト4進出を決めた。


 両校が対戦するのは、関東地域予選大会の3位決定戦以来。その時も、1−0で星槎国際に軍配が上がっていたが、「そんな簡単には(得点を)取れないと思っていた」と、星槎国際を指揮する柄澤俊介監督は予想しており、実際その通りになった。ただ同時に「どこかで、1点は取れるだろうとは思っていた」と、ある種の確信も。それも現実のものとなった。46分、DF国部碧が混戦から先制点をもぎ取り、星槎国際が先制する。しかし、ここからが予想外だった。


「正直言って、2点目はラッキーでした」と柄澤監督が指すのは、51分の追加点だ。これには、得点を決めた星槎国際のFW遠藤彩椋も同調した。


「自分は結構、あぁいう場面で外すんですけど、しっかり(ボールに足を)当てるつもりで蹴ったら入った」と遠藤。右サイドからのクロスに対し、ペナルティエリア内右の角からボールの下部をこするように右足でダイレクトシュートを放つと、敵・味方合わせて計5人の頭上を越え、ゴール左下に収まっていった。遠藤は「回転をかけてファーサイドにいけばいいかと思って蹴った。うまく入ってくれた」と、2試合連続の得点をはにかみながら説明した。


 指揮官はその得点を“ラッキー”と評する一方、「遠藤が良くなってきている。彼女がキーマンでしょうね」と、同時に期待もかけている。


 星槎国際は、昨年8月のFIFA U−20女子ワールドカップフランス2018で優勝に貢献したMF宮澤ひなた(日テレ・ベレーザ)を輩出した高校だ。宮澤はU−20日本女子代表で活躍し、今季のプレナスなでしこリーグで新人賞を獲得するだけでなく、なでしこジャパンデビューまで果たした。しかし、その宮澤が出場した前回大会までの3年間は、いずれも選手権1回戦で敗退していた。その殻を破るように、今大会は初戦で大商学園高校(関西1/大阪)を下すと、一気にベスト4まで駆け上がった。


 快進撃の立役者となった遠藤は、「チームとして初めてのベスト4。ここで満足せずに、もっと上を目指してチーム全体で戦っていきたい」と、肩に力を入れたが、柄澤監督はいつもの通り自然体だ。チームや選手を過大評価することはしない。


「選手の力が平均化しているということですかね、とりあえず。今年のチームは、ある能力がどうしても(足りない)というのはないし、逆にすごくいいというのもない。次に対戦する東海大学付属福岡高校(九州3/福岡)も、ノーマークでしたよ」と、笑った。


 宮澤ひなたも成し得なかった星槎国際の冒険は、どこまで続くか。


文=馬見新拓郎


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索