Fリーグ名古屋、7得点で完封勝利 長野は4度追いつくも町田に惜敗で8連敗

Fリーグ名古屋、7得点で完封勝利 長野は4度追いつくも町田に惜敗で8連敗

 7月6日(土)、7日(日)の2日間、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1第8節の6試合が行われた。


 前節Fリーグ史上最多の1試合15得点を記録した名古屋オーシャンズは、2連勝で波に乗るバルドラール浦安と対戦した。序盤は拮抗した展開となったが、10分、コーナーキックからFPラファが先制点を挙げると、16分にはFPヴァルチーニョがこぼれ球を押し込み追加点。そのわずか1分後には浦安のミスを見逃さず、ヴァルチーニョが追加点を挙げ、3点をリードし前半を折り返した。迎えた後半、まずは1点を返したい浦安だったが、好機を作り出せず、15分近くを残してFP長坂拓海をGKに置きパワープレーを開始する。しかし、崩れたペースを立て直すことができず、ポゼッションを高め決定機を作るはずのパワープレーでも流れを変えることができなかった。ヴァルチーニョがハットトリックの活躍を見せるなど得点を量産した名古屋が7−0で完封勝利を収めた。


 ヴォスクオーレ仙台とフウガドールすみだの対戦は、フットサルの醍醐味を表す試合となった。前後半を通して拮抗した展開となったが、試合時間残り14秒でFPガリンシャが先制点を挙げ、すみだが1点をリードする。しかし、直後にパワープレーを仕掛けた仙台が、残り3秒、FPクシヤマ イザケのFリーグ初ゴールで同点に追いつき、1−1で試合終了。勝点1を分け合う結果となった。


 ここまで7戦未勝利のボアルース長野は、ペスカドーラ町田をホームに迎えた。試合はシーソーゲームの様相を呈し、町田が得点を挙げると長野が追いつく接戦となった。4度リードを奪われながら、4度追いついた長野だったが、試合終盤、FP中村充が挙げたゴールが決勝点となり町田が辛勝。長野はこれで8連敗となったが、少しずつ手ごたえをつかみ始め、次節のエスポラーダ北海道戦に臨む。


▼Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 第8節結果


7月6日(土)

シュライカー大阪 3−5 湘南ベルマーレ(丸善)

ヴォスクオーレ仙台 1−1 フウガドールすみだ(仙台)

エスポラーダ北海道 1−2 立川・府中アスレティックFC(きたえーる)

バルドラール浦安 0−7 名古屋オーシャンズ(浦安)


7月7日(日)

ボアルース長野 4−5 ペスカドーラ町田(ホワイトリング)

バサジィ大分 6−1 Fリーグ選抜(大分)


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索