仙台、一度は追いつかれるも札幌を下す…リーグ戦5試合ぶりの勝利

仙台、一度は追いつかれるも札幌を下す…リーグ戦5試合ぶりの勝利

 明治安田生命J1リーグ第26節が14日に行われ、北海道コンサドーレ札幌とベガルタ仙台が対戦した。


 最初にチャンスを作ったのは仙台。3分に永戸勝也がフリーキックから直接ゴールを狙うが、札幌GKク・ソンユンのファインセーブに阻まれた。


 32分に試合が動く。ハモン・ロペスがシュートを放つと、GKク・ソンユンの好セーブに阻まれたが、こぼれ球を松下佳貴が押し込んで仙台が先制に成功。前半を1点リードで折り返す。


 後半に入ると50分、札幌が同点に追いつく。パスを受けた荒野拓馬がペナルティーエリア外から右足一閃。強烈なシュートがネットに突き刺さった。


 しかし直後の53分、仙台が再び札幌を突き放す。コーナーキックのキッカーを務めた永戸が正確なボールを供給すると、シマオ・マテがヘディングシュートを叩き込んだ。さらに85分、再び永戸のコーナーキックからハモン・ロペスが押し込み、貴重な追加点を記録した。


 このまま試合は1−3で終了。次節、札幌は鹿島アントラーズと、リーグ戦5試合ぶりの勝利を収めた仙台は横浜F・マリノスとそれぞれ対戦する。


【スコア】

北海道コンサドーレ札幌 1−3 ベガルタ仙台


【得点者】

0−1 32分 松下佳貴(ベガルタ仙台)

1−1 50分 荒野拓馬(北海道コンサドーレ札幌)

1−2 53分 シマオ・マテ(ベガルタ仙台)

1−3 85分 ハモン・ロペス(ベガルタ仙台)


【スターティングメンバー】

北海道コンサドーレ札幌(3−4−2−1)

ク・ソンユン;早坂良太(46分 深井一希)、キム・ミンテ、福森晃斗;ルーカス・フェルナンデス、荒野拓馬(80分 菅大輝)、宮澤裕樹、白井康介(67分 アンデルソン・ロペス);鈴木武蔵、チャナティップ;ジェイ


ベガルタ仙台(4−4−2)

ヤクブ・スウォビィク;蜂須賀孝治、シマオ・マテ、平岡康裕、永戸勝也;道渕諒平(72分 兵藤慎剛)、富田晋伍、松下佳貴、関口訓充(67分 石原崇兆);ハモン・ロペス、長沢駿(78分 ジャーメイン良)


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索