マンチェスター・U、守護神デ・ヘアと契約延長!…1年延長OP付きの2023年まで

マンチェスター・U、守護神デ・ヘアと契約延長!…1年延長OP付きの2023年まで

 マンチェスター・Uは16日、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアとの契約延長をクラブ公式サイトで発表した。


 新契約は2023年6月までで、1年の延長オプションが付いている。イギリスメディア『スカイスポーツ』は、週給35万〜37万5000ポンド(約4700万〜5000万円)と報じ、GKでは世界最高額だという。


 デ・ヘアは、「この偉大なクラブで8年もプレーできているのは、僕にとっての特権だ。これからもマンチェスター・ユナイテッドでキャリアを続けられるのは本当に名誉こと」と喜びを語った。


「まさか自分がユナイテッドで350試合以上に出場できるなんて想像もしていなかった。このチームにならできると僕が信じていること、つまり全員一丸となって再びトロフィーを獲得するという目標の力になりたい」


「チームの年長者の1人として、どんな形であっても、若い選手をリードして、支えたい。このクラブでプレーする意味を伝えたい。このクラブでなら、まだまだ成し遂げられることが多い。マンチェスター・ユナイテッドなら、必ず成功を収める伝統を築き上げられる。そして、応援してくれるファンの期待に応えられる」


「良い時も、悪かった時も支えてくれたファンに恩返しできるように、これからも力を尽くしたい」


 現在28歳のデ・ヘアは、2011年夏にアトレティコ・マドリードから加入し、これまで公式戦367試合出場。絶対的な守護神として活躍し、2012−13シーズンのプレミアリーグ制覇、2015−16シーズンのFAカップ優勝、2016−17シーズンのリーグカップとヨーロッパリーグの2冠に貢献した。


 2015年夏にはレアル・マドリードへの移籍が間近に迫っていたが、期限内に手続きが終わらず、不成立となっていた。これまでの契約は2020年までだったため、今夏にもレアル・マドリードやパリ・サンジェルマンへの移籍が噂されていた。


 今シーズンはプレミアリーグ開幕から全5試合にフル出場。昨シーズン限りで退団したエクアドル代表DFアントニオ・バレンシアの後任としてキャプテンの候補にも挙がったが、現在はキャプテンに就任した元イングランド代表DFアシュリー・ヤングが不在時にゲームキャプテンを努めており、実質的な副キャプテンとしてチームを支えている。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索